Williams

/ News

  • F1
  • 2018年のデザインはハローの一体化に課題
  • 2017年11月21日: 来季からマシンに搭載されるハローデバイスがパフォーマンスに与える"空力的な影響は小規模"になる可能性が高いものの、マシンとの一体化がF1チームにとって大きな問題になるようだ。

  • ルイス・ハミルトン
  • バクーの一件後、ベッテルに忠告していたハミルトン
  • 2017年11月20日: メルセデスのルイス・ハミルトンはセバスチャン・ベッテルに対してアゼルバイジャンGPで起こしたような物議を醸す行為を繰り返せばお互いに「トラブル」を抱えることになるだろうと伝えたという。

  • フェルナンド・アロンソ
  • アロンソ、LMP1での初テストを完了
  • 2017年11月20日: 19日(水)、世界耐久選手権(WEC)のシーズン後ルーキーテストでフェルナンド・アロンソがトヨタのLMP1マシンをドライブし、113周を完了した。

  • マクラーレン
  • マクラーレン、ルノーの信頼性に不安なし
  • 2017年11月17日: フェルナンド・アロンソとマクラーレンは2018年に向けて、このところ目立っているルノーの信頼性トラブルは気にならないと口をそろえている。

  • ミハエル・シューマッハ
  • シューマッハのF2001に8億4,000万円の値
  • 2017年11月17日: ミハエル・シューマッハがモナコGPで勝利したフェラーリF2001がニューヨークでオークションに出品され、750万ドル(約8億4,000万円)超で落札された。

  • ルイス・ハミルトン
  • DRSは単なる「ばんそうこう」とハミルトン
  • 2017年11月17日: ルイス・ハミルトンは4位でブラジルGPをフィニッシュする過程で10回のオーバーテイクを実行してみせたが、本人はどれ1つとしてそれを気に入っていないという。

  • FIA
  • FIA、F1イベントのセキュリティ見直しへ
  • 2017年11月16日: 関係者が強盗に狙われる事件が相次いでブラジルGPに影を落としたことを受けて、次の世界モータースポーツ評議会(WMSC)でF1イベントにおけるセキュリティが議題に上ることになった。

  • セバスチャン・ベッテル
  • フェラーリと黄金期を築きたいとベッテル
  • 2017年11月15日: 今季チャンピオンシップを逃して落胆はしているものの、セバスチャン・ベッテルはフェラーリと力を合わせて、チームが2000年代初めに過ごした黄金時代をもう一度取り戻せると信じている。

  • ブラジルGP - ペナルティポイント
  • グロージャンに2点、合計6点に
  • 2017年11月15日: 両チャンピオンシップが決した状態で迎えたシーズン第19戦ブラジルGPはオープニングラップで複数の接触が発生したものの、ペナルティポイントが付与されたインシデントは1件だけだった。

  • ブラジルGP - ペナルティ
  • ピットスタートのハミルトンはPUとギアボックスを交換
  • 2017年11月15日: ルノーエンジンを搭載する3台がMGU-Hを新品に載せ替えたブラジルGPでは予選でクラッシュを喫したメルセデスのルイス・ハミルトンが内燃機関など3つのエンジンコンポーネントを交換した。

  • ブラジルGP - パワーユニット
  • ガスリーが2度のMGU-H交換
  • 2017年11月15日: メキシコGPでルノーエンジンにトラブルが相次いだことを受け、ルノー組の3台がMGU-Hを新品と交換してブラジルGPに臨んだ。

  • F1
  • F1の方向性に懐疑的なハミルトン
  • 2017年11月15日: ルイス・ハミルトンは2018年にドライバー1人のエンジン基数を"3基"に制限しようとする動きが「最悪」だと主張し、F1は全開でのレースをするべきだと強調した。

  • レッドブル
  • ホーナー、リカルドがベストオーバーテイカー
  • 2017年11月15日: レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはブラジルGPでダニエル・リカルドが現役F1ドライバーで一番の"オーバーテイカー"であることを証明したと考えているようだ。

  • ハースF1
  • 裁定の不安定さが悪化しているとシュタイナー
  • 2017年11月14日: ハースF1代表のギュンサー・シュタイナーはブラジルGPでロマン・グロージャンが処分を科せられたことを受け、F1レーススチュワードの一貫性に関して再び疑問を投げかけている。

  • F1
  • ブラジルのセキュリティ問題対応を求めるF1
  • 2017年11月14日: F1首脳陣はブラジルGPにおけるセキュリティ面の欠点の責任を負うことはできないとし、インテルラゴス・サーキットの責任者が2018年のレース開催までにソリューションを見いだすべきだと主張した。

Top of the Page上へ