Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズ、ドライバーを発表

Me
2012年11月28日 « ベッテルのボーナスは3億円 | ニューイはレッドブルの"道しるべ" »
2013年のウィリアムズの正ドライバーはマルドナドとボッタスに決まった © Sutton Images
拡大

ウィリアムズはパストール・マルドナドとバルテリ・ボッタスを2013年F1シーズンのドライバーとして発表した。

リザーブドライバーのボッタスがレースドライバーに昇格し、ブルーノ・セナのシートを得るのではないかとのうわさは以前からあった。

「パストールとバルテリという、モーターレーシングで最もエキサイティングな2人のドライバーを得て、2013年のウィリアムズに特別な期待を抱いている」とチーム代表者、フランク・ウィリアムズ卿はコメントした。「パストールは常に驚くべき速さを示し、今年はレーシングドライバーとしての成長を見せた。バルテリは私がこれまで巡り合った中でも最も有能な若手ドライバーの1人であり、彼の将来には大いに期待している。またこの機会を利用してチームを去るブルーノ・セナのこの1年間のハードワークに感謝を捧げ、前途の幸運を祈りたい」

マルドナドはチームで3年目を迎えることになり、今シーズンのスペインで飾った初優勝を足掛かりにしたいと考えている。

「僕はウィリアムズでの時間を本当に楽しんでいて、2013年もチームと続けられると聞いた時はとてもうれしかった。バルセロナで勝利した2012年は忘れられない年になった。パフォーマンスの面で僕らは大きな前進を遂げた。チームのことはすごく信頼しているし、来年はもっと上のグリッドを目指し、もっと成功を味わいたい」

ボッタスは次のようにコメントした。「F1世界選手権で戦うことはずっと僕の人生の夢だった。スポーツの中で最も伝説的なチームでそれができるなんて信じられないくらい特別なことだ。ウィリアムズとのこれまでの3年間を本当に楽しんできたし、ここはすごくアットホームなんだ。2013年もここにとどまってレースシートを得ることが常に僕のゴールだった。F1キャリアのスタートが楽しみだし、ウィリアムズとともに多くの成功を収めたい」

© ESPN Sports Media Ltd.