Williams

/ News

  • ル・マン24時間

ウィリアムズのKERSがル・マンで快挙

M.S.
2012年6月19日 « バレンシアのDRSゾーンは1カ所 | ロシアGP、オリンピックスタジアムの使用も可能 »
ウィリアムズのKERSを使用したアウディのハイブリッド車 © Press Association
拡大
関連リンク

ル・マンで勝利を飾ったのはフェラーリだけではなかった。

GTのトップカテゴリーで優勝したフェラーリ458イタリアのドライバーの一人に、元グランプリウイナーのジャンカルロ・フィジケラが名を連ねている。

しかしながら、イギリスのF1チームであるウィリアムズもプロトタイプクラスの頂点であるLMP1でアウディが果たした勝利に一役買っていると指摘。優勝マシンのアウディR18はウィリアムズの独特なフライホイール式KERSを搭載しており、このマシンは元F1ドライバーのアラン・マクニッシュらの手によって2位にも入っている。

ウィリアムズは声明でこのマシンが"表彰台フィニッシュを果たした初のハイブリッドマシン"だとし、"(KERS)システムをマシンに完全になじませるためにアウディのエンジニアと密接に"連携したと明かした。

同チームのハイブリッドパワー部門でマネジングディレクターを務めるイアン・フォーレイは次のように話している。

「アウディのル・マンでの歴史ゆえに、このプロジェクトを正しく遂行しなければならないというプレッシャーがあった。そして、われわれのテクノロジーがこの歴史的勝利で一つの役割を果たすことができ、大いに満足だ」

© ESPN Sports Media Ltd.