Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ライコネン、ウィリアムズと接触?

Kay Tanaka
2011年9月17日 « ピレリ、日本GPと韓国GPのタイヤ決定 | シンガポールGPを重要視するブルーノ »
ウィリアムズのファクトリー訪問が明らかになったライコネン © Sutton Images
拡大
関連リンク

キミ・ライコネンがイギリス・オックスフォードにあるウィリアムズのファクトリーを訪問したことが報じられ、さまざまな憶測が広まっている。

オーストリアの『sport10.at』とフィンランドの『plaza.fi』というWebサイトは、2007年ワールドチャンピオンのライコネンがファクトリーツアーに参加したことを認めたと報じている。

ザウバーでF1デビュー後にマクラーレンとフェラーリでキャリアを重ね、現在は世界ラリー選手権などに参戦するライコネンを案内したのは、チーム会長のアダム・パーとのこと。

フィンランドのテレビ局『MTV3』は、ライコネンのウィリアムズ訪問は先週のことだったと伝えている。

ライコネンがファクトリーを訪ねたのは「個人的な理由」のためと報道されているが、2009年をもって去ったF1に復帰することを検討しているのではないかといううわさが浮上している。

ベネズエラ資本を持ち込みチーム強化に貢献しているルーキーのパストール・マルドナドが2012年もチームに残ることは確定的だが、ベテランのルーベンス・バリチェロは残留を狙って交渉中とのもっぱらのうわさだ。

バリチェロはイタリアGP期間中に『The Sun(ザ・サン)』紙に対し、「段階的に話し合いをしているから、様子を見る必要がある」と語り、こう続けていた。

「契約を締結できていたら良かったんだけど、交渉が少し長引いているんだ。チームはすべてを考慮に入れているし、僕が何を提供できるのか理解しているよ」

© ESPN Sports Media Ltd.