Williams

/ News

  • ハンガリーGP - ウィリアムズ - 決勝

予選好調もレースで苦戦したウィリアムズ

Nobu / Me
2020年7月20日 « 好判断で入賞を果たしたハースF1 | 不運に見舞われたサインツ、ノリスはスタートでつまずく »
© LEONHARD FOEGER / POOL / AFP
拡大

19日(日)、シーズン第3戦ハンガリーGP決勝レースでウィリアムズのジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィは18位と19位で完走した。

ジョージ・ラッセル

「まず、ウエットでのスタートが悪く、非常にトリッキーだった。イン側の全員が何らかの理由で苦労したと思う。それ以降はレースペースがとても悪く、何が起こっていたのかを理解する必要がある。去年は逆で、決勝のペースは予選よりも良かった。今では土曜日はかなり速く、日曜日は苦戦している。しかし全体を、特に僕たちの土曜日の進歩を見ると、比較的満足できると言っていいだろう。ポジティブなことはたくさんあるし、あとはネガティブな部分を修正して、マシンのペースをもう少し良くしていかなければならない」

ニコラス・ラティフィ

「スタートも1周目も良かったけど、ピットストップですべてが台無しになってしまった。ピットレーンが混雑していると残念ながらああいうことが起きてしまう。パンクしてしまって、ピットに戻るときに不運にもかなりのダメージを受けてしまった。フロアの大部分が欠けてしまっていたので、レース中ずっとコース上にマシンをキープするだけでもとても難しかった。今日はちょっと残念な結果になってしまったが、それでも昨日はポジティブなことが多くあった。次のシルバーストーンではリセットしなければならない」

デイブ・ロブソン、(車体パフォーマンス責任者)

「チーム全体にとって難しい1日だった。ジョージはスタートが悪く、複雑なコンディションでリカバーに苦労した。一方、ニコラスはとても良いスタートでオープニングラップで大きく前進した。悲しいことに、彼のレースはピット出口での接触によってパンクチャーが起きたことで事実上終わってしまった。湿ったコンディションは楽ではなく、ドライタイヤの管理が難しかったため、さまざまな戦略が入り乱れることになった。一気に流れが向いてくることも、去っていくこともある1日で、今日はわれわれの日ではなかった。われわれはマシンのレースペースを見直し、どうしたら予選の強いパフォーマンスをよりうまく利用できるかを見直す必要がある。3連戦を終えてこれから短い休みに入り、その後またヨーロッパでのトリプルヘッダーに向けてシルバーストーンに戻る」

© ESPN Sports Media Ltd.