Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズが『Rokit』抜きの新カラーリングを披露

Me
2020年6月26日 « 誰がベストドライバーかを知るすべはないとグロージャン | ハミルトンの行動力をたたえるも、効果は疑問視するエクレストン »
© Williams Racing
拡大

来週末から再開されるF1でウィリアムズが使用するマシンの新しいカラーリングが発表された。

5月に彼らはタイトルスポンサー、『Rokit(ロキット)』との契約を解除したと発表し、新たな投資家へのチーム売却を検討していることを明らかにした。離別の詳しい原因は明かされていないが、ロキットの大きな赤いロゴが消え、新車FW43は開幕戦のオーストリアを新たなカラーリングで走ることになった。

結果的にチームのレースドライバーであるニコラス・ラティフィの家族が所有する食品メーカー『Sofina(ソフィーナ)』のロゴが目立つようになり、カラーはウィリアムズの伝統的なブルーとホワイトに戻った。

© ESPN Sports Media Ltd.