Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズがニッサニーとテストドライバー契約

Me
2020年1月15日 « マクラーレン、2月13日に新車お披露目 | アロンソ、砂丘から転落して横転 »
© Williams
拡大

ウィリアムズF1チームが来るシーズンのテストドライバーとしてロイ・ニッサニーを指名した。

イスラエル人ドライバーのニッサニーは昨年のシーズン後のテストに参加しており、新たに2020年の金曜フリー走行に3回出走する契約を手に入れた。同時に彼はチームのシミュレーターにも乗り、レース間にはファクトリーの各部門を訪れて経験を積むことになる。

契約の一環として、ニッサニーがドライブ中はイスラエルの『Start-Up(スタート・アップ)』ロゴがウィリアムズのマシンに掲載される。

「ROKiTウィリアムズ・レーシングの公式テストドライバーになれて、感激している。これはイスラエルのモータースポーツにとっても画期的な出来事だ。12月にアブダビでチームのためにテストした時、僕はすぐにクルマになじみ、チームの一員になれた気がした。僕が今年ウィリアムズで過ごす中で得る経験はすごく貴重なものになるはずだ。コース内外の両方で仕事を始めるのを楽しみにしている」

ニッサニーは2018年にF2選手権でレースをしていたが、キャリアのハイライトとしては2016年のワールドシリーズ・フォーミュラV8 3.5チャンピオンシップでの4位フィニッシュがベストとなっている。ウィリアムズでの仕事と兼任で今年もF2に参戦する。

「私たちの公式テストドライバーとしてROKiTウィリアムズ・レーシングにロイ・ニッサニーを迎えることができてうれしく思います」とクレア・ウィリアムズ副代表は述べた。「ロイは昨シーズン後のアブダビテストでドライブし、自身の能力を示しました。彼が短期間で成し遂げたことに私たちは非常に感銘を受けました。とても勤勉な人物なので、今年一緒に仕事をするのが非常に楽しみです」

ニッサニーはかつて父が歩んだ道をたどろうとしている。彼の父シャノックは2000年代半ばにジョーダンとミナルディでF1マシンをテストしたことがある。

© ESPN Sports Media Ltd.