Williams

/ News

  • フェリペ・マッサ

マッサ、「ハミルトンはシューマッハ、セナと同じレベル」

Me
2017年10月26日 « 日産のフォーミュラE参戦でルノーはF1に集中へ | 終盤も楽な戦いはさせてもらえないとウォルフ »
© Stange/Sutton Images
拡大

フェリペ・マッサはかつて2008年にタイトルを争ったルイス・ハミルトンについて、F1を彩った最も偉大なドライバーの1人と呼ぶにふさわしいと考えている。

今週末のメキシコGPで自身4度目のドライバーズタイトルを決めるであろうハミルトンは、F1で最も成功を収めたイギリス人ドライバーになろうとしている。すでに史上最多ポールポジション記録を破り、キャリア通算勝利数では歴代2位に浮上した。

これだけの成功を収めている以上、彼はもはやミハエル・シューマッハ、アイルトン・セナと同じくくりで捉えられるべきドライバーだとマッサは考えている。シューマッハとセナはスポーツ史上、最も偉大なドライバーと称されることの多い2人だ。

「ルイスは間違いなくF1の歴史におけるベストドライバーの1人だよ」とマッサは『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』に語った。「ミハエル・シューマッハやアイルトン・セナと比べて彼を下げたり、わざわざ違うレベルに分類することなんてできない。彼は同じ位置に立っている」

ファンが思い出補正をかけて過去のF1を見ることにマッサは警鐘を鳴らし、現代のアスリートたちも先人たちと同じ土台で評価されるべきだと述べた。

「ルイスはいつだってマシンに乗れば印象的だった」とマッサ。「彼は戦ったどのカテゴリーでも人々を感心させてきたんだ。それはアイルトン・セナも同じ。ミハエル・シューマッハも同じ。人々はいつも後ろを振り返り、昔は今よりずっと良かったって言うのが好きだけど、それは違うよ」

「(サッカーの)クリスティアーノ・ロナウドやメッシ、もしかしたらネイマールもすぐそのレベルに仲間入りするかもしれないけど、彼らはマラドーナやペレ、誰と比較されても一切引けを散らない。この世界だって同じことさ」

© ESPN Sports Media Ltd.