Williams

/ News

  • ウィリアムズ

「真の序列」が中国GPで明らかになるとロウ

Me
2017年4月5日 « グロージャン、欲しいのは「信頼性より速さ」 | 最速はまだメルセデスだとリカルド »
© Keith Sutton/Sutton Images
拡大

ウィリアムズの最高技術責任者(CTO)を務めるパディ・ロウは中国GPで2017年の"本格的な序列"が明らかになると考えている。

F1新時代がオーストラリアGPで幕を開け、ラップタイムの大幅アップを目指したワイドなマシンとタイヤがお目見えした。テストで好調だったフェラーリのセバスチャン・ベッテルが開幕戦でメルセデスを倒したことから、トップの入れ替わりも予想されている。

ウィリアムズはというと、フェラーリ、メルセデス、レッドブルに続くタイトな中段グループの上に立ち、"残りのベスト"でレースをフィニッシュした。中国、バーレーン2連戦の1週目となる上海で、自分たちの本当の位置がより鮮明になるだろうとロウは述べた。

「上海インターナショナル・サーキットはマシンのオールラウンドなパフォーマンスが試される今季初のサーキットだ。そのため、新レギュレーション下でマシンのより正確な相対的パフォーマンスが見えるようになるはずだ」とロウは述べた。「難しい高速コーナーがある優れたコースで、長いバックストレートは伝統的なオーバーテイクポイントだが、ストレートでスピードを維持するためには良いセットアップが要求される」

「改善と進歩を続けながら今シーズンのチャレンジに取り組むわれわれにとって、チャンピオンシップにおける自分たちの位置を理解する重要なレースだ」

王者メルセデスからくら替えしたロウにとって、メルボルンは今年初めてウィリアムズのウエアを着て臨んだレースだった。昨年末まで彼は近年のF1最強チームと呼ばれるメルセデスで技術部門のトップを務めていた。

© ESPN Sports Media Ltd.