Williams

/ News

  • アブダビGP - ウィリアムズ - 決勝

マッサ、チームとファンに感謝

Me / AI
2016年11月28日 « タイヤ戦略がレースのスパイスに | マクラーレン、"今日の主役"バトンに敬意 »
© Andre/Sutton
拡大

27日(日)、シーズン最終戦アブダビGPでウィリアムズのバルテリ・ボッタスがリタイアを喫した一方、キャリアラストレースに挑んだフェリペ・マッサは9位入賞を果たした。

ボッタスはマシントラブルにより8周目にリタイアしている。

フェリペ・マッサ

「僕のキャリアで最初に走ったラップで戦ったときと同じように、このレースでも最後のラップまで戦い続けられたことを本当に誇りに思う! 常に僕と一緒にいてくれて、共にレースをしてきた皆にお礼を言いたい。ファンとウィリアムズにも感謝している。僕はこれからも彼らをサポートし続けるだろう! 僕が経験してきた全ての一部になっている皆にも感謝しているよ。僕のキャリアが始まったときと同じように、堂々と僕のキャリアを終えることできた。マシンが僕のものになるみたいだから、いつもよりちょっと余計に気を使ったんだ。このプレゼントをしてくれたウィリアムズにもう一度感謝を述べたい!」

バルテリ・ボッタス

「たった数周でレースが終わってしまったことが残念だ。9番手を走っていたとき、マシンのリアサスペンション部分で突然何かが壊れたのを感じて、その後は本当にクルマが運転不可能だった。ガレージで直そうとしたけど、直せなかったからリタイアせざるを得なかったよ。こんな風にシーズンを終えることが残念だけど、これからは来年をとても楽しみにできるということでもある」

ロブ・スメドレー(パフォーマンスエンジニアリング責任者)

「予想通りタフなレースだった。残念ながらバルテリはリアサスペンションの故障で終わってしまったので、それについては調べなければならない。フェリペは自分のマシンが持つ力で本当にいいレースを見せてくれた。彼のキャリアにふさわしい終わりだ。フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)が異なるタイヤ戦略を選ぶギャンブルに出たが、フェリペは最後まで彼を抑えて9位でフィニッシュした。決してわれわれの望み通りとはいえないが、みんなよくやってくれたよ。レースチームがしてくれた全ての素晴らしい働きに感謝したい。マシンのペースが十分でないことは分かっていたが、彼らは決してあきらめず、常にパフォーマンスを求めて努力してくれた。全員が本当にいい仕事をした。そしてもちろん、2人のドライバーに感謝だ。今日の出来事は残念だったが、バルテリはとても良いシーズンを見せてくれた。われわれももっと良いマシンを提供しなければね。そうするれば彼はさらに自分をプッシュし続けるだろう。われわれが共に達成できることはまだたくさんある。私はフェリペを子どもの頃から知っている。彼は私の最高の仲間の1人だ。傑出したキャリアを持つ偉大なドライバーであるだけでなく、人間としても本当に優れている。彼の家族はキャリアを通して彼を支え続けた。彼のレースには必ず誰か家族のメンバーが駆けつける。それは称賛に値するよ。彼のこれからの人生に幸あらんことを祈っている」

© ESPN Sports Media Ltd.