Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ボッタスがギアボックス交換で後退

Jim
2016年3月20日 « 「工夫次第で良くなる」とシュタイナー | 新予選方式撤廃で合意したF1サーカス »
© Gasperotti/Sutton
拡大

ウィリアムズはオーストラリアGP決勝レースを前に、バルテリ・ボッタスのギアボックス交換を決断し、ボッタスは2016年シーズン初戦を16番グリッドからスタートすることになった。

19日(土)に実施された予選で失望の11番手に終わったボッタスにさらなる試練が訪れた格好だ。

ボッタスは『Twitter(ツイッター)』を通じて「チームが僕のギアボックスに問題を見つけたから、交換することになった。残念だけど5グリッド降格ペナルティだ。ってことで、オーバーテイクをたくさん披露するとしよう!」とつぶやいている。

また、ウィリアムズはボッタスが予選でピットレーンを出発するまでに、サスペンションのセットアップシートをFIAに提出できなかったとして戒告処分も受けている。

スチュワードは声明の中で「当該チーム(ウィリアムズ)はシートを提出しようと妥当な努力を講じたものの、チームの書類フォーマット変更により、期日までに必要な情報をすべて提出できなかった」と説明した。

© ESPN Sports Media Ltd.