Williams

/ News

  • ウィリアムズ

スメドレー、マッサの失格に反論

Me
2015年11月16日 « 地元のファンと家族に力をもらったナッサー | メルセデスに近づけたことは「OK」とアリバベーネ »
© Sutton Images
拡大

フェリペ・マッサがブラジルGPで失格となった件で、ウィリアムズはFIAがグリッドで行ったタイヤの温度測定が不正確だったと反論している。

FIAの測定結果によれば、マッサのトレッド温度はピレリが認める最大温度を27度超過していたことになっており、マッサはホームレースでリザルトから除外されてしまった。タイヤブランケットに包まれた状態でのタイヤの温度と内圧が決まっているのは、競争力の面でチームがアドバンテージを得ることを防ぐのが目的だ。FIAはイタリアGPから抽出検査を実施しており、そこではメルセデスのマシンに違反が見つかった。

ブラジルでピレリが設けた最大温度は110度となっており、ウィリアムズのパフォーマンスエンジニアリング責任者を務めるロブ・スメドレーによると、チームの測定ではその範囲内にしっかり納まっていたという。

「われわれは控訴を申し立てるつもりだ。裁定には納得できない」とスメドレーは述べた。「文書を見ると、カーナンバー19、マッサの右リアタイヤはFIAのIRガンで137度と測定された。われわれは2つの独立したセンサーを持っており、1つ目のPT1000はタイヤブランケットの中に位置し、表面温度を測定している。それは常にレギュレーションの範囲内を示していた。グリッドを離れる時に最後に確認した数値はおよそ104度だった」

「もう1つの独立した測定装置はマシンデータから得られるものだ。これは完全に独立した測定方法となっている。マッサの右リアタイヤの赤外線センサーは105.7度を示していた。つまり、われわれには2つの独立したセンサーががあり、どちらもわれわれが規則を順守していたことを示している。それを裏付けるデータがある」

「加えて、われわれはブランケット温度センサー、マシン温度センサーとFIAのガンに相関関係があるという保証を得ている。イタリアでメルセデスの問題が発生したあとでピレリに確認してもらっている。さらに言えば、われわれはFIAが使用するものと全く同じセンサーを持っており、このようなことが起こらないようにランダムでチェックを行っている。こちらとしては、この問題の根底がどこにあるのかを理解することは極めて重要だ。3つの独立した温度測定方法があるにもかかわらず、どれ一つとしてFIAがグリッドで得たような数値を示してはいないのだから」

スメドレーはまた、グリッドでタイヤ内圧をチェックした際にそれほど温度が高ければ、ウィリアムズが気づいたはずだと主張する。

「27度も高ければ、われわれはそれに気づくだろう。それでは2.5から3psiも高かったことになる。エンジニアがグリッドで懸命な努力をすることは至って当然のことだ」

「極限まで突き詰めることが、順守の一環でもあると私は思う。ドライバーが何かを感じることはなかっただろうが、エンジニアにはそれまでの週末と比べて内圧がはるかに高いことが分かったはずだ」

「そのような数値は異常な内圧だ――ピレリの最低値に近づけるために懸命な努力をしているはずが、3psiも超過しているなどあり得ない。どこかで必ず気づいたはずだ。しかし、何もなかった」

© ESPN Sports Media Ltd.