Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ボッタス、インドネシアで回復中

M.S.
2015年3月19日 « 可夢偉カムバック説は否定される | レースペースの差は大きくないとライコネン »
初戦ではレースできなかったボッタス © Getty Images
拡大

バルテリ・ボッタスはインドネシアで腰のけがから回復中だとウィリアムズが認めた。

ボッタスは開幕戦オーストラリアGPの予選中に椎間板を痛め、決勝レースを欠場している。

その後ボッタスはマレーシアのタイムゾーンと気温に慣れるためにオーストラリアからインドネシアへ向かったと伝えられていた。ただし、ボッタスが第2戦に参戦できるとの保証はない。

フィンランド『Turun Sanomat(トゥルン・サノマット)』紙は、ボッタスがフィットネスコーチのアンティ・ヴィエルラやフィジオセラピストとともにインドネシアで準備に励んでいると報じていた。

ウィリアムズのスポークスマンは『Daily Mail(デイリー・メイル)』紙に「彼がフィットネスを完全に取り戻すプロセスを助けられるよう、あらゆる手を尽くしています」と述べていた。

トゥルン・サノマットはいずれボッタスには完全にけがを治療するために手術が必要になりそうだと記している。ちょうど、フェラーリのキミ・ライコネンが2013年末に手術したような具合だ。

ボッタスやライコネンと同郷で、元ダブルチャンピオンのミカ・ハッキネンは『Ilta Sanomat(イルタ・サノマット)』紙に「ドライバーの越しにはブレーキングで本当に大きな負荷がかかる」と語った。

© ESPN Sports Media Ltd.