Williams

/ News

  • ウィリアムズ

スージー、テストドライバーに昇進

Me
2014年11月28日 « ロータスのスポンサーがウィリアムズへ | Hondaの技術力を侮るなかれ »
© Sutton Images
拡大

フェリペ・ナッサーがレースドライバーとしてザウバーに移籍したウィリアムズで、スージー・ウォルフがテストドライバーに昇進した。

彼女は来季のウィリアムズFW37で、グランプリ週末の2回のプラクティスセッションと、2日間のテストをすることが約束されている。スージーはこの3年間、開発ドライバーという役目を担っており、引き続きチームファクトリーでシミュレーターテストに励むという。

今年のイギリスGPでスージーは初めてプラクティスセッションに参加したが、このときはエンジントラブルのために限られた周回数となった。その後のドイツGPでは生産的な走行をこなしており、来シーズンも経験を積みたいと前向きだ。

「これは私にとって、正しい方向へのまた新たな一歩です」と彼女は述べた。「ウィリアムズが私の成長とハードワークを認めてくれてうれしいです。大事なのはパフォーマンス。ウィリアムズはその歴史の中でとてもエキサイティングなステージに差し掛かっていて、大きな弾みをつけて2015年に向けて進んでいます。そのチームの一員になれることを誇りに思います。自分の役目を果たしながらフェリペ(マッサ)とバルテリ(ボッタス)と密接に連携して、FW36が見せた強力なパフォーマンスをFW37に確実に引き継げるように頑張ります」

副代表のクレア・ウィリアムズはこうコメントした。「スージーが新しい役目を得て、来季もチームにいてくれることをうれしく思います。彼女は、コースとシミュレーターの両方でマシンに乗るたびに、その優れた技術知識、フィードバックとパフォーマンスで私たちを感心させています。2012年の4月にチーム入りして以来、ステアリングを握る時間を順調に増やしてきました。彼女を公式テストドライバーに指名することは自然な成り行きです。私たちの2015年ドライバーラインアップは非常に強く安定したものです。それはポジティブな2014年シーズンを継続するにあたっての大事な資産だと考えています」

チームは開発ドライバーの後任として、複数の候補を検討している。

© ESPN Sports Media Ltd.