Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズ株の売却先を探し続けるウォルフ

M.S.
2014年9月8日 « フェルスタッペンにGP2を考えていたメルセデス | ハミルトン、「ロズベルグはプレッシャーに弱い」 »
以前はウィリアムズに所属していたウォルフ © Sutton Images
拡大
関連リンク

クリスチャン・トト・ウォルフは今もウィリアムズチームの株式を手放そうと動いている。

ウォルフがメルセデスの株式を取得し、同社のモーターレース部門の責任者として仕事を始めて以来、ウォルフが所有していた15%を超えるウィリアムズ株は市場に出されていた。

6月にはそのうち5%をアメリカの民間ヘルスケア企業を経営するブラッド・ホリンガーが購入したことが明らかになっている。

そして今、『Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ)』の報道によれば、ホリンガーはさらに2%のウィリアムズ株を取得するオプションを有しており、これは570万ドル(約6億円)に値するという。

F1ビジネスジャーナリストのクリスチャン・シルトとキャロライン・レイドは、ウォルフが「私は今10%を若干超える程度で、ブラッドにはさらに2%を購入するオプションがある」と認めたと伝えた。

「したがって、誰か適切な人物が見つかれば、私はもう少し売却するかもしれない」とウォルフは続けた。

© ESPN Sports Media Ltd.