Williams

/ News

  • ウィリアムズ

マッサ、遅すぎる隊列ラップに苦言

Me
2014年7月7日 « 勝てるレースだったとロズベルグ | チルトン、タイヤ激突を免れて「とてもラッキー」 »
スタートで大きく出遅れ、ライコネンのアクシデントに巻き込まれてしまったマッサ © Sutton Images
拡大

メルセデスが今後もフォーメーションラップでスローペースを続けるようなら、ペナルティを科すべきだとフェリペ・マッサがかみついた。

マッサはイギリスGPのスタートでクラッチトラブルに見舞われ、スタートで失速。その後、ウェリントンストレートでキミ・ライコネンのくラッシュに巻き込まれてしまった。フォーメーションラップを先導したニコ・ロズベルグがあまりにも遅かったため、彼はコース上で2度も停止しなければならなかったと言っている。

「あの人たちはフォーメーションラップが遅すぎるよ」と彼は述べた。「コース上でストップしなければいけなかったくらいさ。それでクラッチの温度が上がりすぎてしまって、きちんと機能しなかったんだ。クラッチを動かそうとしたんだけど、クルマがアンチストールに入ってしまったから、(スタートで)最後尾に落ちた」

「通常ならスタートは問題ないのに残念だよ。クルマはすごく速かったから、いいスタート、いいレースになったはずなのに。ポディウムにも上がれたはずだし、(コンストラクター)選手権では3位にいたはずだ。こんなことになってしまって悔しい」

マッサはこれまでにもドライバーズブリーフィングで苦言を呈したことがあるという。しかし、FIAはメルセデスドライバーたちを罰していない。

「遅く走っちゃダメだってFIAは言うけど、ペナルティを出すとか行動はしないんだ。1回、次のレースで5グリッドペナルティでも科せば全てが変わると思うのに。僕は2回もストップしたんだよ。クラッチを引いて待ったんだ。あまりにも遅すぎるせいだ。遅くてバーンアウトもできやしない。自分がそうしたいからって遅く走ったりしたらダメだよ。間違いなく彼らはわざとやっているし、今までほとんどのレースでやっているから、何か理由があるんだろう」

「僕らは何回も文句を言っているのに。この前のレース(マッサがポールを獲得したオーストリア)を調べたら分かると思うけど、いつものレースよりかなり速かったはずだ。だって僕が先頭だったからね。今までのレースよりもはるかに速かったはずだよ」

「メルセデスは何か理由があって遅く走っている。でも、それが困るチームもいるんだ。特に僕たちはね。グリッドで僕のクルマはリアからスモークが出ていたけど、それもこれも遅いフォーメーションラップのせいさ」

© ESPN Sports Media Ltd.