Williams

/ News

  • ウィリアムズ

ボッタスにグリッド降格処分

Jim
2014年3月29日 « あえて脱水状態にするドライバーたち | ウエットの苦戦に驚くライコネン »
© Sutton Images
拡大

マレーシアGP予選でダニエル・リカルド(レッドブル)の走行を妨害したとして、ウィリアムズのバルテリ・ボッタスに3グリッド降格ペナルティが科された。

ボッタスはラップ終盤にかけてリカルドを抑え込んだことを非難されており、スチュワードはボッタスが「アプローチしてくるマシンに注意を払っておらず、ターン14とターン15を通してカー3(リカルド)を妨げ続けた」と判断している。

しかしながら、ボッタスはスチュワードの裁定に同意しておらず、「大丈夫だと思っていたし、ペナルティはないだろうと思っていたけど、3グリッドペナルティだって。僕たちの意見としては、無線に問題があったから状況的にかなり難しかったんだ」と主張した。

「ターン9ではチームから前とのギャップや後ろのリカルドとのギャップを取るように言われたから、前をキープしようとしたんだけど、明らかに彼がかなり速く追いついてきちゃって、最後の3つのコーナーは思っていたよりも少し接近した。僕にしてみればウエットで走れる唯一のラップだったから、タイヤの温度を保とうと集中していたし、クリーンなラップを走ることに集中していたんだ。僕は僕でベストを尽くそうとしていた」

「結局、僕は彼に何の影響も与えていないし、彼がタイムラップを走っていたのかどうかも分からない。手を引いたかどうかもね。彼はすでにタイヤやすべてにかなり熱が入っていたはず。彼のポジションに影響していないのに、どうしてか分からない」

ボッタスは18番グリッドからスタートすることになったが、天候が回復すればポイント獲得は可能だと自信を見せている。

「もしドライならトップ10に食い込むチャンスはあると思う。トップ10のどこかは分からないけど、トップ6に近ければいいな。ウエットならかなり難しい一日になるかもしれない」

© ESPN Sports Media Ltd.