アメリカGP

/ News

  • ルイス・ハミルトン
  • ライバルが現れる前は「引退も考えた」ハミルトン
  • 2017年9月24日: F1から引退することを考えたことがあるとルイス・ハミルトンが認めた。しかし、セバスチャン・ベッテルとバトルをするようになり、スポーツに残ろうというモチベーションが復活したという。

  • シンガポールGP - ペナルティ
  • エリクソンがギアボックス交換で処分
  • 2017年9月24日: シンガポールの一戦でペナルティが科されたドライバーはただ一人、ギアボックスを交換したザウバーのマーカス・エリクソンだけだった。

  • シンガポールGP - パワーユニット
  • ペナルティゼロ、サインツのエンジンが4基目到達
  • 2017年9月24日: 2017年シーズン後半のフライアウェイ戦がスタートした第14戦シンガポールGPはエンジンコンポーネント交換に伴うグリッドペナルティを受けたドライバーは皆無だった。

  • シンガポールGP
  • ベッテルは貴重なポイントを取りこぼしたとラウダ
  • 2017年9月24日: メルセデス非常勤会長を務めるニキ・ラウダはシンガポールGPスタートでセバスチャン・ベッテルが犯したリスクは度を超えており、貴重なポイントを台無しにしたと考えているようだ。

  • ジョリオン・パーマー
  • チームの決定に理解を示すパーマー
  • 2017年9月22日: カルロス・サインツと来年の契約を結んだチームの決定を受け入れているとジョリオン・パーマーは言う。

  • ザウバー
  • ルクレール、4戦でFP1出走の権利を得る
  • 2017年9月22日: シーズンの残る6戦のうち4戦でフェラーリジュニアのシャルル・ルクレールがザウバーでフリー走行1回目のドライビングを任されることになった。

  • メキシコGP
  • メキシコGP主催者、予定通りの開催を目指す
  • 2017年9月21日: 今週、メキシコで発生した大地震で多くの被害が出ているが、メキシコGPの関係者はレースへの懸念はないと述べ、開催の重要性をより強く感じると付け加えている。

  • マクラーレン
  • 過去3年は「惨事」だったとブーリエ
  • 2017年9月20日: チームがHondaとパートナーシップを結んでいる間の競争力不足はマクラーレンの信用に大きなダメージを与えたとエリック・ブーリエが語っている。

  • マックス・フェルスタッペン
  • ベッテルは「罰せられるべき」とヨス
  • 2017年9月20日: スタートでセバスチャン・ベッテルがチャンピオンシップ争いのことを考えていたならば、あの劇的なクラッシュは避けられただろうとマックス・フェルスタッペンは考えている。

  • マレーシアGP
  • マレーシアは上位2チームが対照的なタイヤ戦略
  • 2017年9月20日: F1公式タイヤサプライヤーを務めるピレリは次戦マレーシアGPに先だって全ドライバーのタイヤ選択を公表し、選手権を争うメルセデスとフェラーリが異なる戦略を選んだことが明らかになった。

  • マクラーレン
  • マクラーレン、エンジン契約の遅れによる影響なし
  • 2017年9月20日: マクラーレンのエリック・ブーリエはパワーユニット供給元変更の決定が遅れたことで来季に向けたスケジュールに2週間の遅延が生じていると認めながらも大幅な後退にはならないと主張した。

  • シンガポールGP
  • ベッテルの"くせ"を指摘するウェバー
  • 2017年9月19日: マーク・ウェバーはシンガポールの事故に対する裁定には納得しているものの、原因はセバスチャン・ベッテルの不必要な動きにあったと示唆している。

  • レッドブル
  • リカルドのリタイアを危惧していたレッドブル
  • 2017年9月19日: レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーはシンガポールGPでギアボックストラブルに見舞われたダニエル・リカルドが序盤でリタイアを強いられる可能性を懸念していたと明かした。

  • メルセデス
  • 気を緩めるべきではないと警告するウォルフ
  • 2017年9月18日: メルセデスはシンガポールGPでF1の両選手権制覇に向けて弾みとなる目覚ましい逆転劇を成し遂げたが、クリスチャン・トト・ウォルフは現状に満足すべきではないと語る。

  • ルノー
  • 今季初入賞のパーマー、長すぎた春
  • 2017年9月18日: 17日(日)に開催されたシンガポールGPでキャリア最高位となる6位フィニッシュを果たしたルノーのジョリオン・パーマーは同様の結果をシーズン序盤に達成できていれば将来が変わったはずだと明かした。

Top of the Page上へ