アメリカGP

/ News

  • US GP - 決勝

ハミルトンが逆転勝利!

Jim
2012年11月19日

2007年以来、久々にF1カレンダー復帰したアメリカのテキサス州オースティンに新設されたサーキット・オブ・ジ・アメリカズで18日(日)、2012年FIA F1世界選手権第19戦US GP決勝レースが開催された。現地と15時間の時差がある日本でレースが始まったのは日付が変わった19日(月)午前4時。

前日の土曜日に行われたスターティンググリッドを決める予選ではレッドブルのセバスチャン・ベッテルがポールポジションを獲得。隣のフロントローにはマクラーレンのルイス・ハミルトンが並び、チームのコンストラクターズタイトルを決めたいベッテルの相棒マーク・ウェバーが3番グリッドに着いた。

ベッテルとドライバーズタイトルを争うフェラーリのフェルナンド・アロンソは予選を9番手で終え、ロータスのロマン・グロージャンがギアボックス交換による5グリッド降格ペナルティを受けた関係で8番手からレースをスタートさせる予定だったが、フェラーリはアロンソのスタート時のポテンシャルを最大にすべく相棒であるフェリペ・マッサのギアボックス交換を決断。結果、アロンソは有利と言われる7番の奇数グリッドを手に入れ、マッサも同様に奇数の11番グリッドからスタートした。

全長5.513kmを誇るサーキット・オブ・ジ・アメリカズの一戦は56周で争われ、週末を通して快晴に恵まれるオースティンは気温24度、路面温度31度、湿度31%のコンディションで24台がフォーメーションラップに臨んだ。

全車が無事にグリッドを発進して向かった注目の第1コーナーでは2番手スタートのハミルトンをウェバーが先行し、さらにアロンソが大きくポジションを上げて4番手に浮上した。特に目立ったアクシデントはなく、各車がオープニングラップを走り終えている。

序盤はメルセデスのミハエル・シューマッハのペースが上がらず、ロータス勢にかわされると9番手まで後退。スタートでポジションを落としたハミルトンはDRSゾーンでウェバーに攻撃を仕掛け、4周目にはウェバーを料理して2番手の位置を取り戻した。

その後、5番手を走行していたグロージャンがターン19でスピンを喫してグラベルに飛び出すも、必死にマシンを操ってコースに戻り、再びシューマッハの後ろでレースを再開させている。ただ、グロージャンはスピンでタイヤを傷めてしまったのか、3周あとの10周目に最初のタイヤ交換を済ませた。

一方、グロージャンの相棒キミ・ライコネンはフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグより速いペースを持ちながらも、なかなか前に出られず。DRSゾーンでアドバンテージを生かしてなおヒュルケンベルグの防御が競り勝ったが、S字を通過する中で加速を試みたライコネンが勇敢なパフォーマンスでオーバーテイクを成功させた。

ザウバーの小林可夢偉に続いて15周目に一回目のピットストップを敢行したのはメルセデスのシューマッハ。コースに戻ったところ、トロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌとポジションを争う形になり、さらにもう一台のメルセデスを駆るロズベルグが加わって3台による攻防戦に発展する。しかしながら、ベルヌはメルセデス勢とのバトルの中でテクニカルトラブルを抱えてしまい、グラベルに飛び出したままマシンを止め、レースを終えた。

ベルヌのストップにより掲示されたイエローフラッグが解除された途端、今度はウェバーをトラブルが襲う。無線でまたしてもKERSの故障が伝えられてほどなく、スローダウンしたウェバーのレッドブルマシンはコース脇に停車。ベルヌに続いてリタイアを喫している。

20周目に入ると、一時は1秒にまでベッテルとの差を詰めていたハミルトンのペースが落ち始めた。それを見たマクラーレンがすぐに動き、ライバルの行動に合わせてフェラーリもアロンソをピットに呼び戻す。共にハードタイヤに履き替えたハミルトンとアロンソだったが、フェラーリはタイヤ交換に手間取り、アロンソのピットストップには6秒以上の時間を要してしまった。ベッテルも22周目に最初で最後のタイヤ交換を終えている。

最初にミディアムタイヤをチョイスした中ではトロ・ロッソのダニエル・リカルドが最も長い30周のスティントを走破。一方、ハードタイヤでスタートしたメルセデスのロズベルグとマクラーレンのバトンはそれぞれ35周目と36周目にピットストップを行った。

その頃、先頭を走るベッテルとのギャップを1秒以下に縮めたハミルトンがファステストラップをマークすると、ベッテルも負けじと加速を強めて最速タイムを塗り替える。燃料が軽くなった状態でオプションタイヤを履くバトンは自身よりペースの劣るライバルを蹴散らし、見事なオーバーテイクを披露しながらポジションを上げていく。

隙をうかがっていたハミルトンが動いたのは42周目。ベッテルが周回遅れのマシンに近づいたタイミングで一気に距離を詰め、DRSゾーンでスリップストリームに入るとターン12を先行して通過。ベッテルは前にいたHRTマシンのトラフィックを嘆くも、優勝をあきらめることなくハミルトンにプレッシャーをかけた。

先頭争いだけでなく、ポイントをかけたバトルでもオーバーテイクが多数見られたUS GP。サーキットに集った大勢のファンを魅了したオースティンの一戦は、終盤のベッテルの猛追を振り切ったハミルトンが先頭でゴールし、ベッテルが2位、アロンソが3位でチェッカーを受けている。その他、マッサ、バトン、ライコネン、グロージャン、ヒュルケンベルグ、マルドナド、ブルーノがポイントを獲得した。

ポール・トゥ・ウインは逃したものの、2位表彰台に上ったベッテルがファイナルラップで1分39秒347のファステストラップを刻んでいる。

ザウバーの小林可夢偉は終始ペースが上がらず、ノーポイントの14位ながら完走を果たした。

注目のチャンピオンシップはウェバーのリタイアがあったものの、レッドブルがコンストラクターズ選手権タイトルを決めている。ドライバーズ選手権はランキング首位のベッテルと同2位のアロンソが13ポイント差となり、タイトルの行方は次のラストレースに持ち越された。

オースティンでの初レースを戦い終えたF1サーカスは大急ぎでパッキングを整えて連戦で迎える最終戦の舞台ブラジルのインテルラゴス・サーキットに移動する。シーズンフィナーレの第20戦ブラジルGP金曜フリー走行1回目は23日(金)日本時間21時に開始される予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.