アメリカGP

/ News

  • US GP - 予選

ベッテルがオースティン初のポールに!

M.S.
2012年11月18日
記念すべき初ポールシッターとなったベッテル © Press Association
拡大
関連リンク

20戦が組まれた2012年FIA F1世界選手権もついにラスト2連戦を迎え、テキサスのサーキット・オブ・ジ・アメリカズにて日本時間18日(日)深夜3時から第19戦US GP予選が行われた。

終盤戦に入ってセバスチャン・ベッテル(レッドブル)の速さが目立っており、前戦アブダビGPでは予選ミスからピットレーンスタートを強いられながらも3位フィニッシュを決めたベッテルがそれを追う立場にあるフェラーリのフェルナンド・アロンソに対する損失を3ポイントにとどめ、10ポイント差で首位の座をキープした。

カレンダー初登場のサーキットを舞台とする今週末もレッドブル&ベッテルの勢いは抑えがたく、ここまで行われた3回のセッションすべてでベッテルがトップタイムを記録している。

対するアロンソは初日に2回行われたセッションの双方で3番手に入り、2日目には1分36秒490を記録したベッテルと0.690秒差の4番手となっている。

ピレリはタイトル争いへの影響を考慮してハードコンパウンドとミディアムコンパウンドというコンサバティブなチョイスでこの新規サーキットに臨んだが、初日を終えた段階でソフトとスーパーソフトを持ち込むことも可能だったとの見方を明かしている。

また、土曜フリー走行の終盤にコースに出ることができなかったロータスのロマン・グロージャンは予定外のギアボックス交換を行ったため、予選結果から5グリッド降格される予定だ。

予選スタート時の天候は晴れ、気温は21度、路面温度32度のドライコンディションだった。Q1がスタートすると、ペドロ・デ・ラ・ロサとナレイン・カーティケヤンのHRT勢が真っ先にコースイン。ロータスのキミ・ライコネンやザウバーのセルジオ・ペレスと小林可夢偉らがそれにならった。

序盤にはハードタイヤで1分41秒台に乗せたライコネンにミディアムを履いたティモ・グロック(マルシャ)、デ・ラ・ロサ、シャルル・ピック(マルシャ)、カーティケヤンが続く。

タイム計測に入らずにピットへ戻ったザウバー勢を始め、他の面々はしばし間を置いてからタイムアタックを開始。上位勢ではまずフェラーリから動きを見せ、20分で行われるセッションの中間地点を過ぎたところでは可夢偉以外の全員がコースに入っていた。

トップは早々にミディアムを投入したグロージャンに変わるも、再びコースインした可夢偉を含めて24名全員がタイムアタックを続ける中で、タイムシートのオーダーは激しく変化し続ける。

残り5分ではハードタイヤで1分37秒台をたたき出したベッテルの後ろにグロージャン、パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)の名が連なった。

その後マーク・ウェバーが2番手に飛び込み、レッドブル勢が1-2態勢を形作る。ハミルトンが1分37秒フラットを計測してベッテルから暫定トップの座を奪い取ったが、ベッテルはそれに0.5秒差をつけて悠々と最速タイムを更新した。

一方、ターン2ではカーティケヤンがマシンを止めており、この区間ではセッションが終わるまでイエローフラッグが振られている。

ノックアウトゾーンに落ちていたニコ・ロズベルグ(メルセデス)が最後のタイムアタックでQ1を切り抜けており、これによって18番手に落ちたダニエル・リカルド(トロ・ロッソ)を始め、グロック、ピック、ヴィタリー・ペトロフ、ヘイキ・コバライネン(共にケータハム)、デ・ラ・ロサ、カーティケヤンの7名がQ1で予選を終えた。

Q1最速のベッテルは1分36秒537を記録している。

15分のQ2がスタートすると、マルドナドとライコネン、ロズベルグの3名がそれぞれ間隔を置きつつコースへ。ライバルたちも順次それに続き、開始から5分でレッドブルとザウバーの両陣営以外の全員がピットを後にした。

ライコネン、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)、グロージャン、ロズベルグがタイムシートに並んだところでレッドブルがベッテルとウェバーをコースに送り出し、続いてザウバードライバーもタイムアタックを開始する。

ライコネンのタイムはしばらく暫定トップにとどまっていたが、ハミルトンがそれを塗り替える。さらにはベッテルがミディアムタイヤでの初アタックで1分35秒台を刻んだ。

全員のタイムが出揃ったタイミングで10番手バトンがパワーを失い、スロー走行でピットへ帰還。残り時間2分という状況でメカニックがバトン車の確認作業に取り掛かったが、再度のタイムアタックに出るには時間が少なすぎた。

トラブルに見舞われたバトンを尻目にライバルたちの多くはタイムアタックを継続し、マッサが上位を独占していたレッドブル勢の間に割って入るも、ウェバーがそれを上回って2番手に。激しいタイム争いの中でバトンのタイムは後退し、ザウバーコンビもトップ10圏外へ。アロンソは何とか9番手に踏みとどまった。

Q3への関門を突破したのは1分25秒796をマークしたベッテルを筆頭に、ウェバー、マッサ、ハミルトン、グロージャン、マルドナド、ヒュルケンベルグ、ミハエル・シューマッハ(メルセデス)、アロンソ、ライコネンの10名。

11番手ブルーノ以下、バトン、ポール・ディ・レスタ(フォース・インディア)、ジャン-エリック・ベルヌ(トロ・ロッソ)、ペレス、可夢偉、ロズベルグはQ2落ちとなった。

Q3ではシューマッハが最初にピットレーンを離れ、続いてアロンソとマッサのフェラーリ勢がコースイン。レッドブルの2台とライコネン、ヒュルケンベルグはややタイミングをずらしてタイムアタックを開始した。

10名のドライバーがペースを上げながら周回を重ね、ウェバーが最初に1分36秒台に乗せる。ハミルトンがそれを塗り替えるも、1分35秒877を記録したベッテルが2番手以下に0.3秒以上の差をつけてタイムシートの頂点に踊り出た。

それに追いすがるのがハミルトンで、自己ベストを刻んでベッテルまで0.005秒のところに迫る。ベッテルはミスを犯してタイム更新ができないまま最後のタイムアタックへ向かった。一方でアロンソのラストアタックは7番手にとどまり、ポールポジションはベッテルとハミルトンの争いになる。

暫定トップタイムを保持しながらもさらにペースアップを図るベッテルはセクター2とセクター3を最速タイムでまとめて自己ベストを更新。ハミルトンも速いペースを刻んだがベッテルにはわずかに及ばず、オースティン最初のポールシッターの座をベッテルに明け渡した。

ベッテルが残した予選最速タイムは1分35秒657。2番手にハミルトン、3番手にウェバーが入っている。

4番手と5番手にはグロージャンとライコネンのロータス勢が続くも、グロージャンは5グリッド降格になる。6番手以降のトップ10メンバーにはシューマッハ、マッサ、ヒュルケンベルグ、アロンソ、マルドナドが並んだ。

US GP決勝は日本時間19日(月)早朝4時スタート予定。決勝レースもお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.