アメリカGP

/ News

  • US GP - 土曜フリー走行

フェルスタッペンが再びトップ

Jim
2019年11月3日
© Clive Mason/Getty Images
拡大

アメリカ・テキサス州オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズで2日(土)、2019年FIA F1世界選手権第19戦US GP土曜フリー走行が実施され、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが最速タイムを刻んだ。

フェルスタッペンは初日に実施された2回のフリー走行のうち初回セッションでもトップタイムをマークし、後半のフリー走行はメルセデスのルイス・ハミルトンが最速タイムを記録している。とはいえ、上位3チームが接近したタイムを残しており、オースティンでは混戦の中団グループに加えて上位争いも激しさを増しそうだ。

金曜日は寒さが話題となったものの、グランプリ2日目のサーキット・オブ・ジ・アメリカズは気温が上昇して18.7度、路面温度25.8度、湿度27.3%のドライコンディションで最後のフリー走行がスタートする。ピットレーン出口の信号が青に変わるとハースF1のケビン・マグヌッセンを先頭に、マクラーレンのランド・ノリスやトロ・ロッソのダニール・クビアトらが出陣。ピレリはC2からC4のドライタイヤを持ち込んでおり、マグヌッセンはハード、ノリスがミディアム、クビアトはソフトタイヤを履いてインストレーションラップに臨んでいる。

開始から5分ほどで5チームとレーシング・ポイントのセルジオ・ペレスがシステムチェックを完了するも、いずれも1周しただけでピットに引き上げ、その他の陣営はガレージでの待機が続いた。初日はピレリが2020年仕様のタイヤコンパウンドを支給したことから精力的に走行するチームが多く、周回数を稼いでいたこともあり、土曜フリー走行は比較的にゆったりした出だしとなった。

ハードタイヤで1周した後、ソフトタイヤに履き替えてコースに向かったハースF1のロマン・グロージャンが1分36秒579をマークしてタイムシートに名前を刻んだのをきっかけに、他のドライバーたちも本格的なプログラムに取り掛かる。コースに姿を見せていなかったメルセデスやフェラーリ、ウィリアムズの各車もガレージを出発している。

しかしながら、始動したばかりのシャルル・ルクレールがスローダウンを余儀なくされ、ターン19で停車。フェラーリマシンからは煙が上がっており、ルクレールは「エンジンの何かがおかしい」と無線でピットウオールに伝えていた。一時バーチャルセーフティカーが発令されたが、ほどなくして解除されている。初日にもトラブルを抱えていたルクレールは思うように走行距離を伸ばせず、準備不足が否めない状態で予選に挑むことになった。

一方、もう1台のフェラーリを駆るセバスチャン・ベッテルは1分34秒441を刻んでトップに立ち、メルセデスの2人がコンマ数秒差でそれを追いかける。4番手にはミディアムタイヤのプログラムを継続するサインツが食い込んでおり、トップから1秒遅れながら"ベスト・オブ・ザ・レスト"のポジションだ。

レッドブル勢はインストレーションラップを終えてしばらくガレージで作業に励んでいたが、セッションが折り返し地点をすぎる前にフェルスタッペンがコースに入り、ソフトタイヤで1分34秒458を記録。ベッテルに0.017秒届かなかったものの、メルセデス勢を上回って2番手に飛び込んだ。2回目のクイックラップでペースアップに成功したフェルスタッペンは最速タイムを0.255秒更新してトップの座を奪っている。チームメイトに遅れてガレージを離れたアレキサンダー・アルボンは1分35秒台にとどまり、フェルスタッペンからは1秒以上のギャップがあったものの、2回目のクイックラップでは1分34秒台に入れて4番手に浮上している。

トップに立つフェルスタッペンは0.255秒差と若干のリードを築いていたが、2番手以下はそれぞれ0.1秒前後のギャップしかなく、ベッテル、ボッタス、アルボン、ハミルトンが連なっていた。

新しいソフトタイヤを投入して再び予選シミュレーションに臨んだボッタスが1分33秒台に入れて最速タイムを塗り替えるも、1分33秒523を記録したベッテルがトップに返り咲き、フェルスタッペンが0.194秒差で2番手、ボッタスはベッテルに0.381秒遅れの3番手に後退している。4番手にいたハミルトンはニューセットで思うようなラップを走れず自己ベストを更新できていない。5番手には1分34秒台にのせたアルファロメオ・レーシングのキミ・ライコネンが食い込んでおり、アルボンより0.2秒ほど速くラップをまとめている。

その後、フェルスタッペンがさらにコンマ数秒を削ってトップタイムをたたき出し、ベッテルに0.2秒のリードを築く。マクラーレンのランド・ノリスがボッタスを0.086秒上回って3番手に飛び込み、ボッタス、ハミルトンに次ぐ6番手の位置には僚友カルロス・サインツがつけていたが、アルボンがベストタイムを更新してひとつポジションを上げたため、サインツは7番手に下がっている。

セッション終盤に大半のドライバーがベストタイムを記録した結果、それまでのタイムシートのオーダーから大きな変化を見せるも、トップの座は1分33秒305を刻んだフェルスタッペンが守りきり、ベッテル、ノリス、ボッタス、ハミルトンと続くトップ5で土曜フリー走行が終了した。6番手にアルボン、サインツ、ライコネン、ガスリーと続き、ダニエル・リカルド(ルノー)が10番手だ。

トロ・ロッソのダニール・クビアトはチームメイトに0.6秒以上離されてしまい、14番手にとどまっている。

ルクレールのマシンはセッション中にガレージに戻されたが、フェラーリは走行再開を断念し、予選までに修復作業を完了すべく集中していたようだ。

予選セッションは日本時間3(日)早朝6時にスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.