アメリカGP

/ News

  • US GP - ペナルティポイント

クビアトの累積が最多タイの7点に

M.S.
2016年10月25日 « タイムペナルティがリザルトに影響 | ブレーキサプライヤー変更を検討するハースF1 »
© ESPNF1
拡大

シーズン第18戦US GPではトロ・ロッソのダニール・クビアトとルノーのケビン・マグヌッセンに2点ずつペナルティポイントが加算された。

いずれも決勝レースで他車と争った際の振る舞いに対してペナルティを科された2人の累積ポイントは、クビアトが7、マグヌッセンが4を数えている。

ドライバーのスーパーライセンスに対して科されるペナルティポイントは12カ月有効。累積で12点に達すると当該ドライバーのスーパーライセンスが次戦まで停止されるため、実質的に次のレースに出場できない。

今のところクビアトとエステバン・グティエレス(ハースF1)の累積ポイントが最多タイとなっているが、少なくとも今季に関しては残る3レースで12点に到達する見込みは低いと言っていいだろう。

2015年第16戦US GPで与えられたペナルティポイントは2016年第19戦メキシコ GP決勝日にあたる10月30日(日)から11月1日(火)にかけて順次消滅する。

© ESPN Sports Media Ltd.