アメリカGP

/ News

  • US GP - 予選

ハミルトン、オースティンで初ポール

Jim
2016年10月23日
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

現地時間22日(土)、アメリカ・テキサス州オースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで2016年FIA F1世界選手権第18戦US GP予選が実施され、メルセデスのルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。

ピレリがオースティンの一戦に用意したドライタイヤ3種類はスーパーソフト、ソフト、ミディアム。各陣営は週末にドライバー1人に認められた全13セットのうち10セットを自由に選択してグランプリに臨んでいる。

初日はメルセデスが安定の速さを見せつけたが、最後のフリー走行ではメルセデス勢がスーパーソフトタイヤのクイックラップを完了しなかったこともあり、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとダニエル・リカルドがタイムシート上位を独占。フェラーリのキミ・ライコネンが3番手に入るも、相棒のセバスチャン・ベッテルはギアボックスに問題を抱えて8周の走行にとどまっている。

青空が美しいオースティンは予選開始時刻を迎えて気温23度、路面温度34度、湿度34%のドライコンディション。マノーのパスカル・ウェーレインを先頭にチームメイトのエステバン・オコンやザウバー勢が動き出し、アウトラップを開始する。オコンはソフトタイヤで2周した後、タイムを残さずにピットに引き上げた。フォース・インディアのセルジオ・ペレスも同様にソフトタイヤで1周してからスーパーソフトタイヤに切り替えている。

Q1開始から3分ほど経過すると、メルセデス勢が動き出し、ルイス・ハミルトンが1分36秒296を刻んで暫定トップに立ち、0.101秒差でニコ・ロズベルグが続いた。2番手チームにはレッドブルが並び、5番手にフォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグがつけていた。

トップ9のドライバーがガレージで戦況を見守る中、10番手以下のドライバーがさらなるアタックに臨み、Q1敗退となったのは17番手のロマン・グロージャン(ハースF1)以下、ケビン・マグヌッセン(ルノー)、ジェンソン・バトン(マクラーレン)、ウェーレイン、フェリペ・ナッサー(ザウバー)、オコンだ。序盤のアタックをソフトで行ったバトンは終盤のスーパーソフトでの走行時にトラフィックにはまり、思い通りのペースを発揮できていない。

Q2ではメルセデス勢がソフトタイヤを履いて始動。レース展開を踏まえてスタート時のタイヤをソフトにする戦略を狙った。レッドブルを駆るフェルスタッペンだけがこれに同調している。序盤のアタックではスーパーソフトで走ったリカルドがタイムシート最上位に立ち、ロズベルグ、ハミルトン、ベッテル、ライコネンがトップ5に並んだ。6番手のフェルスタッペンまでが以降の走行を見送り、残る10台が2度目もしくは最初で最後のアタックラップを走っている。

中団グループは100分の数秒を争う激戦となり、Q2では11番手に終わったセルジオ・ペレス(フォース・インディア)を含め、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ダニール・クビアト(トロ・ロッソ)、エステバン・グティエレス(ハースF1)、ジョリオン・パーマー(ルノー)、マーカス・エリクソン(ザウバー)が姿を消した。

メルセデスの2台とフェルスタッペンがソフトタイヤでQ2を突破し、日曜日の決勝レースがドライの場合、3名は同コンパウンドでスタートさせる予定だ。

ポールシッターが決するQ3はメルセデス、レッドブル、フェラーリの6台のみが序盤のアタックに参加。ハミルトンとロズベルグが揃って1分35秒台に入れると、すかさずリカルドも後を追うが、メルセデスコンビからは0.5秒遅れた。

10台が出揃ったラストアタックが終了し、ポールポジションは1分34秒999をたたき出したハミルトンが獲得。最後に自己ベストを更新するも2番手に収まったロズベルグにリカルドが続いた。4番手以下はフェルスタッペン、ライコネン、ベッテル、ヒュルケンベルグ、バルテリ・ボッタスとフェリペ・マッサのウィリアムズ勢に次いでトロ・ロッソのカルロス・サインツが10番手につけている。

US GP決勝レースは日本時間24日(月)早朝4時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.