アメリカGP

/ News

  • US GP - ピレリ - 初日

複数の戦略オプションがあるとヘンベリー

Me
2016年10月22日 « ペースは見た目ほど悪くないとライコネン | サインツ、ドライのオースティンに大満足 »
© Andre/Sutton
拡大

21日(金)、シーズン第18戦US GP金曜フリー走行2回目でスーパーソフトタイヤを履いて1分37秒358をマークしたメルセデスのニコ・ロズベルグがトップに立った。

今週末の舞台であるサーキット・オブ・ジ・アメリカズに持ち込まれたドライタイヤはスーパーソフト、ソフト、ミディアムの3種類。初回セッションでもメルセデスがスピードを見せ、ルイス・ハミルトンが最速タイムをマークしている。

ポール・ヘンベリー(モータースポーツディレクター)

「ここまで見る限り、このコンディションではスーパーソフトとソフトの間に約1秒のパフォーマンスギャップがあるようだ。ミディアムコンパウンドはソフトよりさらに約1秒遅く、これがレースの選択を興味深いものにする。昨年は雨にコンディションを支配されたが、2014年と比べて今日は路面の進化が大きかった。戦略オプションは複数ありそうだ。何しろここはオーバーテイクができるコースだからね」

© ESPN Sports Media Ltd.