アメリカGP

/ News

  • US GP

オースティン、ベッテル予選欠場に遺憾の意

M.S.
2014年10月29日 « ドメニカリ、来週からアウディのオフィスへ? | 消え去ったのは"ミスの多いチーム"とハース »
予選不参加でエンジン温存を考えるベッテル © Sutton Images
拡大
関連リンク

ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が予選に参加しないのは"不運"だとUS GPのオーガナイザーが語った。

予定外な2014年シーズン6基目のエンジン投入でペナルティを科されるベッテルは、オースティンの予選を欠場し、レースをピットレーンからスタートする予定だ。

今週末のグリッドからはすでにバックマーカー2チームが失われており、オースティンのサーキット共同創設者であるボビー・エプスタインはさらにビッグネームの一人が予選から欠ける事態に渋い顔だ。

「とにかく最悪だ。私は彼(ベッテル)が日曜日にグリッドからスタートしてほしい。ここへ来るほとんどの人々が求めるのは週末全体の経験なので、チケットの売上には影響しない。とは言え、やはり不運なことだ」

マルシャとケータハムの戦線離脱と、その他のチームにも崩壊の可能性がある状況は、F1の根幹の部分に再び疑問を投げかけた。

エプスタインの意見では、F1はアメリカレース界のトップカテゴリであるNASCARから学ぶところがあるという。

「F1は個性のスポーツになる必要がある。それはNASCARがうまくやっている部分だ。人は人とつながる。金属とはつながらないのだ」

© ESPN Sports Media Ltd.