アメリカGP

/ News

  • US GP - 決勝

ベッテルが8連勝を達成!

Jim
2013年11月18日
8連勝を飾り、連続優勝の最多記録を打ち立てたベッテル © Associated Press
拡大

アメリカ・テキサス州オースティンにあるサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)で17日(日)、2013年FIA F1世界選手権第18戦US GP決勝レースが開催された。

セッションごとにコンディションが大きく変わるオースティンでは状況に応じてタイヤをいかに機能させるかが重要な要素となっている。レッドブルはアメリカ大陸に渡っても変わらぬ速さを示し、土曜日に行われた予選でフロントローを独占。ポールポジションはセバスチャン・ベッテルが勝ち取り、マーク・ウェバーは2番手に甘んじている。

3番手につけたロマン・グロージャンと共に、ロータスのコンストラクターズ選手権3位を目指して戦うヘイキ・コバライネンは久々の予選セッションを8番手で終えた。コバライネンは今季最後の2戦で背中の手術を受けたキミ・ライコネンの代役に指名されている。

決勝レースに先立ち、ペナルティを科せられたドライバーが複数いる。まず、初日のフリー走行で赤旗が掲示された際に他車をオーバーテイクしてしまったジェンソン・バトン(マクラーレン)には3グリッド降格処分が下されており、予選前に予定外にギアボックスを交換したケータハムのシャルル・ピックは規約に従って5グリッド降格。

さらに予選セッション後、エステバン・グティエレス(ザウバー)とマックス・チルトン(マルシャ)にもそれぞれペナルティが下された。

グティエレスは予選10番手につけたものの、Q1で後続車が迫っているにもかかわらずタイヤの熱入れを続けてしまい、その行為を危険と見なしたスチュワードは「必要以上に」他車を妨害したとして10グリッド降格ペナルティを科した。

Q1で2度に渡って他車のアタックを妨げたチルトンは予選順位が22番手だったため、スチュワードからドライブスルーペナルティの裁定を下された。チルトンに科せれた処分内容はレース開始から5周以内にドライブスルーペナルティを実行しなければならないというもの。

数名がグリッド降格処分を受けたことに伴い、予選順位とスターティンググリッドが変わる中、第1スティントにハードタイヤを選んだのはトロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌのみ。全長5.513kmを誇るCOTAの一戦は56周で争われ、決勝当日の天候は快晴。気温30度、路面温度35度、湿度58%のドライコンディションでスタート時刻を迎える。

奇数グリッドに着いたドライバーたちが好発進を決める一方、フロントロースタートのウェバーがポジションを落とした。グロージャンが2番手に上がり、ハミルトンは3番手にポジションアップ。後方グループではフォース・インディアのエイドリアン・スーティルがオープニングラップでクラッシュ。パストール・マルドナドがステアリングを握るウィリアムズマシンとタイヤ同士がぶつかってしまい、コントロールを失ったスーティルはウオールにぶつかり、マシンを止めた。スーティルは自力でマシンを降りておりケガはないものと思われる。

このスーティルのクラッシュによりセーフティカーが導入され、その間にグティエレスが1回目のピットストップを行っている。グティエレスはミディアムからハードのコンパウンドに履き替えた。5周目にリスタートを迎え、ここでは順位に変動はなく、ベッテルはリードをキープしている。チルトンはセーフティカー解除後にドライブスルーペナルティを消化した。

レース再開からほどなくしてマルドナドのフロントウイングが外れかかっていることが分かり、レースコントロールはブラック&オレンジのフラッグを振ってピットインするよう指示。マルドナドは9周目にタイヤとノーズを交換してコースに復帰した。

ライバルより0.5秒ほど速いペースで独走するベッテルは10周目に入った時点で2番手以降に3.5秒のリードを築く。スタート直後に4番手に後退したウェバーは前方のハミルトンをうまくかわせず、しばらく本来のペースを発揮できない状況が続いたが、13周目にDRSを生かし、ターン12にかけてアウト側からオーバーテイクを成功させた。ペースが上がらないハミルトンはメルセデスから「後方のヒュルケンベルグに注意しながらポジションをキープせよ」との指示を受け、必死にマシンをプッシュする。

18周目に入ったところで動きを見せたのはロータス。コバライネンをピットに呼び、タイヤ交換を済ませた。コバライネンはミディアムからハードのコンパウンドに履き替えてコースに戻る。ラップリーダーのベッテルには担当エンジニアから速さを追い求めるのではなく可能な限り長く走るよう努めることが重要との指示が出され、多くの陣営が1ストップ戦略を狙った。

20周を過ぎると各ドライバーのピットストップが相次ぎ、アロンソと接近戦を展開していたペレスは23周目にタイヤ交換に向かう。しかしながら、コースに戻るとトラフィックに引っかかってしまい、思うようにペースが出せない。ようやくペレスがクリアエアを手に入れた頃、最初で最後のピットストップを終えたアロンソがペレスの前でコースに復帰する。タイヤのウオームアップが整わない中でもペレスを抑えきったアロンソは29周目にターン1でグティエレスを追い抜き、さらにポジションを上げている。

久々のレース参戦でポイント獲得を狙ったコバライネンは32周目に2回目のピットストップを実施。フロントウイングを交換したため作業に時間を要した。タイヤはミディアムコンパウンドに戻している。ほとんどのドライバーが1ストップ戦略を採ったこともあり、ポイント圏内からスタートしたコバライネンは一気に後方集団に埋もれてしまった。

ファステストラップを連発しながらグロージャンを追い詰めていたウェバーは数周に渡っていったんマシンを冷やし、残り20周を切ったあたりで再びギアチェンジ。グロージャンにプレッシャーをかけていく。ペース的にはレッドブルに劣るものの、グロージャンはウェバーのタイムを見ながら自身のペースをコントロールしてポジションを守った。

終盤に入り、ベッテルのレッドブルマシンにトラブルが疑われるも、ベッテルはマシンとタイヤをいたわりながら最後まで走り切り、悠々とトップチェッカーを受けている。夏休み明けのベルギーGPから8連勝を飾ったベッテルは、ミハエル・シューマッハとタイに持ち込んでいた最多連勝記録を更新、新記録を打ち立てた。

2位にグロージャンが入り、ウェバーは3位表彰台に上っている。入賞は4位以下、ハミルトン、アロンソ、ヒュルケンベルグ、ペレス、ボッタス、ロズベルグ、バトン。ボッタスは今回が初めてのF1チャンピオンシップポイントの獲得だ。

なお、ファイナルラップで発生したトロ・ロッソのベルヌとザウバーのグティエレスの接触に関してレース後に審議が行われることになった。グティエレスがベルヌに攻撃を仕掛けるさなか、マシンが接触し、グティエレスのザウバーマシンがコース上で跳ねた後コースオフ。ベルヌは12位でフィニッシュ、体勢を立て直してコースに戻ったグティエレスは14位でチェッカーを受けている。

この後、アメリカ大陸を南下するF1サーカスはブラジルでシーズンフィナーレを迎える。2013年最終戦ブラジルGPは22日(金)に開幕、日本時間21時から金曜フリー走行1回目のセッションが行われる予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.