アメリカGP 2013

/ Commentary

フリー走行3

2013年F1世界選手権第18戦US GP土曜フリー走行のセッションはこの後日本時間深夜0時よりスタート予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第18戦US GP土曜フリー走行の模様をお届けいたします。濃霧による開始延期に加えてメディカルヘリコプター未着による赤旗中断のあった初日最初のフリー走行ではフェラーリのフェルナンド・アロンソがトップタイムを記録、快晴に恵まれた後半のセッションはレッドブル勢が変わらない速さを示して1-2を達成しました。

初日最速タイムを刻んだのはセバスチャン・ベッテル。1分37秒305をマークしています。レッドブルに続いたのはメルセデスでニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンがそれぞれ3番手と4番手のタイムを記録しました。

またキミ・ライコネンに代わって今季ラスト2レースに参戦することになったヘイキ・コバライネンはフリー走行2回目を5番手で終え、もう一台のロータスを駆るロマン・グロージャンのタイムを約0.2秒上回っています。

土曜朝も霧に包まれたというオースティンのサーキット・オブ・ジ・アメリカズ。現在は視界良好、ただ曇り空が広がっています。気温20度、路面温度20度、湿度91%のコンディションです。予選前最後のフリー走行が間もなく始まります。

セッションがスタートしました。初日同様にコバライネンが先頭でコースイン。

ザウバーのエステバン・グティエレス、ロータスのグロージャンらが続いていきます。

レッドブルのマーク・ウェバーもガレージを出発。

マクラーレンは先にジェンソン・バトンをコースへと送り出しました。少し間をおいてセルジオ・ペレスも出陣します。

インストレーションラップを終えた各車がピットに戻ってきます。

マルシャのジュール・ビアンキは2周目に突入。フェラーリのフェルナンド・アロンソが加わります。

トロ・ロッソのダニエル・リカルドも2周のインストレーションラップを走るようです。

ビアンキはそのままプログラムをスタートさせたようで、1分44秒983をマークしてきました。

フェラーリのフェリペ・マッサ、レッドブルのベッテル、フォース・インディアのポール・ディ・レスタがシステムチェックに臨んでいます。

メルセデスのニコ・ロズベルグが合流。

リカルドは1分42秒450をマークしました。

メルセデスはロズベルグに対して、路面温度が低いためあまり低速で走らないように指示しました。

しばらくガレージで待機していた面々もコースに出ています。ひとまずは全車が一度はコースに姿を見せ、インストレーションラップを完了しました。

ディ・レスタもシステムチェックから走行プログラムを開始、1分50秒640を刻んでいます。

メルセデスのハミルトンは1分49秒台にとどまりました。

ハミルトンは燃料を多く積んでいるのか、あまり激しくプッシュしている様子はありません。レースを想定した作業に取り組んでいるようです。

ハミルトンが1分39秒台に入れて2番手に浮上。ロズベルグは1分40秒237を記録して現在4番手。

フォース・インディアのスーティルが1分38秒559を刻んでトップに立ちました。

最初のタイム計測を終えたロータスのコバライネンは1分39秒124をマーク。グロージャンは1分45秒台でした。ポジションはそれぞれ4番手と10番手。

メルセデス勢は周回を重ねる度にペースを上げているようで、現在はハミルトンが1分38秒後半、ロズベルグが1分39秒前半のタイムを刻んでいます。

セッションが始まって15分、まだマクラーレン、フェラーリ、ウィリアムズの6台は1周を走っただけ。他にもインストレーションラップしか走っていないドライバーがちらほらいます。

レッドブルのウェバーが出てきました。フェラーリもそろそろ動き出すようでアロンソがマシンに乗り込みます。

ロズベルグが1分38秒625を刻んで2番手に飛び込みます。グロージャンがそれを0.3秒上回ってきました。ただトップに立つスーティルには0.018秒届かず。

トップ3のオーダーはスーティル、グロージャン、ロズベルグとなっています。

コバライネンが1分38秒599をマークして3番手に浮上!

その後、ウェバーが1分38秒158のトップタイムを刻み、2番手以降のオーダーはスーティル、グロージャン、コバライネン、ロズベルグが5番手です。

レッドブルのベッテルがアウトラップを終えてタイム計測に入りました。

ここでグロージャンが1分37秒台に乗せます。2番手のウェバーに0.329秒差をつけてトップです。

メルセデスの無線によると、ハミルトンはターン19でロズベルグに対して0.2秒遅れている、とのこと。

コントロールラインを通過したベッテルのタイムは・・・1分37秒684。一発目からトップタイムを刻んできました。

ベッテルはさらにペースを上げて1分37秒433にタイム更新。セクター3だけあまりタイムが伸びませんでしたが最初の2セクターは全体のベストタイムをマークしています。

まだタイムを残していないのはヒュルケンベルグ、マルドナド、ボッタス、マッサ、ピックの5人。

5人ともコースに出ていますので間もなくタイムが出揃うと思われます。

メルセデスによれば、ハミルトンは目下アンダーステアに悩まされているようです。ロズベルグが1分38秒245のベストタイムを残す一方、ハミルトンの自己ベストは1分38秒462。

バトンが1分37秒台に入れて3番手にポジションアップ。

ボッタスがセクター1でファステストを刻んでいます。ラップを通しては1分38秒496でまとめて11番手。

セッションは前半の30分が終了。現在のトップ5はベッテル、ヒュルケンベルグ、グロージャン、バトン、ウェバーとなっています。

フェラーリのマッサはロングランに励んでいるのかベストタイムが1分39秒460、ポジションは18番手です。アロンソはマッサより1秒以上速いタイムで10番手につけています。

コバライネンが自己ベストタイムを更新して8番手にポジションを上げました。

下位グループではケータハムのペースの方がいいようで、2台ともトップから2.5秒前後の遅れ、直接的なライバルであるマルシャに対しては1秒以上のギャップをつけています。

マルシャ勢はチルトンがトップと4.177秒差、ビアンキはベストタイムが1分42秒台で最速タイムからは4.697秒遅れています。

ウィリアムズのボッタスが1分37秒759を刻んで2番手に!

今のところまだミディアムタイヤは登場しておらず、どのドライバーもハードタイヤで作業を続けています。

トップに立つベッテルは2番手以降に0.3秒以上のリードを築いていますが、2番手以降は接戦模様。

ボッタスからウェバー、ヒュルケンベルグ、5番手のグロージャンは0.1秒差以内のタイムを残しています。

ハミルトンは自己ベストを更新するもポジションはひとつ上がった12番手。トップからは0.8秒遅れです。

セッション終盤を迎えて各車がピットに引き上げていきます。

現在コース上はハミルトンとヴァン・デル・ガルデのみ。

この後、ミディアムタイヤの登場と共にタイムシートのオーダーも大きく変わってきそうです。

ヴァン・デル・ガルデもピットに戻り、ハミルトンもピットレーンに入ってきました。これで全車がガレージ内。コースは無人となりました。

セッション終了まで残り時間は15分。

ミディアムタイヤに履き替えたビアンキがコースイン。

マクラーレンの2台もオプションタイヤに交換してガレージを離れました。

柔らかい方のコンパウンドを履いたマシンが続々とコースに出てきます。

アロンソがセクター1をファステストで通過。セクター2は自己ベストをマークしています。

アロンソはセクター3も自己ベストを刻みましたが6番手どまり。タイムは1分37秒763でした。

ベッテルとグロージャンを除く20台がコース上。今のところタイムシートに大きな動きは見られません。

路面温度はスタート時よりも3度上がって23度に。

ヒュルケンベルグが1分37秒356をマーク、トップに浮上しました。ただベッテルがハードで出したタイムは0.077秒遅れ。

全車がコースに出揃いました。すべてミディアムコンパウンドを履いています。

マッサが少しペースを上げて自己ベスト更新。とはいえポジションはまだ17番手。

セクター2の全体ベストを刻んだウェバーは1分37秒418でまとめて2番手に入りました。

ヒュルケンベルグが1分37秒272を刻んで最速タイムを塗り替えました。

自己ベストを更新したハミルトンは5番手に、ロズベルグは6番手にポジションを上げています。

ベッテルがセクター2を通過してトップタイムにマイナス表示。1分36秒台に入れてタイムシート最上位につけました。

2番手のヒュルケンベルグに対するタイム差は0.539秒・・・。お、ウェバーがベッテルに0.2秒差の2番手タイムを出しました。

チェッカーが振られてセッション終了です。

このセッションもレッドブル勢が1-2を達成。ベッテルが1分36秒733のトップタイムを記録し、ウェバーが0.203秒差の2番手につけています。3番手はメルセデスのハミルトンでした。

予選はこの後日本時間深夜3時より開始されます。それではまた後ほどお会いしましょう!