アメリカGP 2013

/ Commentary

予選

2013年F1世界選手権第18戦US GP予選のセッションはこの後日本時間深夜3時より開始予定です。『ESPNF1』日本語版ではグランプリ週末中、全セッションのコメントライブを配信しております。順位や周回数などのセッション情報と併せてお楽しみください。ただし、タイム情報に関してはセッション終了後に正式なリザルトとして各ドライバーの順位と共に配信致します。セッション中はLiveでのタイム情報をお届けできずご不便をおかけ致しますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、時間はすべて日本時間を表示しております。

これより2013年F1世界選手権第18戦US GP予選の模様をお届けいたします。先ほど実施された土曜フリー走行で最速タイムを刻んだのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。記録は1分36秒733でした。0.203秒差の2番手にマーク・ウェバーが続き、レッドブルがアメリカでも最後のフリー走行を1-2で締めくくりました。

3番手タイムを残したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。パートナーのニコ・ロズベルグはトップから0.845秒遅れの7番手。ロータスはロマン・グロージャンが5番手につけたものの、この後、久々の予選セッションに挑むヘイキ・コバライネンは13番手でした。

フェラーリはフェルナンド・アロンソが11番手、フェリペ・マッサは17番手に沈んでいます。ベッテルが警戒していたマクラーレンはジェンソン・バトンが6番手タイムを記録し、セルジオ・ペレスは8番手につけました。

フリー走行の様子を見る限り、他チームがレッドブルの速さに追いつくのはかなり難しそうですが、予選はどんな展開を見せるでしょうか。

なお、マクラーレンのバトンは初日のフリー走行において赤旗掲示中に他車をオーバーテイクしてしまい3グリッド降格処分を、ケータハムのシャルル・ピックは予定外のギアボックス交換により5グリッド降格処分を受けています。

太陽が顔を出したサーキット・オブ・ジ・アメリカズの現在の気温は27度、路面温度31度、湿度61%のコンディションです。午前より10度ほど温度が上がっています。間もなく予選Q1がスタートします。

Q1が始まりました。マルシャのマックス・チルトンがコースに向かいます。タイヤは白線のミディアムを装着。

フォース・インディアのポール・ディ・レスタ、ザウバーのエステバン・グティエレスも始動しました。さらに続々とマシンがガレージを飛び出していきます。

グティエレスはハードタイヤを選んでいます。メルセデスやフェラーリも同様。

レッドブルの2台を除く20台がコースに出ています。

ベッテルとウェバーはまだマシンに乗り込んでおらず、始動はもう少し後になるようです。

まずはチルトンが1分47秒台をマーク。続いてディ・レスタが1分45秒台のタイムを記録しました。

最初のアタックラップを終えたドライバーたちがタイムシートに名前を刻んでいきますが、やはりタイヤがすぐに作動する温度レベルにならないようで、各車そのまま次のアタックへと移行していきます。

メルセデスの無線によると、路面はやや遅めだそうで、ハミルトンは最初のラップタイムが1分45秒台でした。

まだ一度もコースに出ず、ノータイムなのはレッドブルのベッテルとウェバー。残り時間は12分強です。

ハミルトンが1分39秒153をマークしてトップに浮上。アロンソが2番手、ボッタスが3番手につけています。

ウィリアムズのボッタスが1分38秒台に入れてきました。まだボッタス以外に1分39秒の壁を突破したドライバーはいません。

自己ベストタイムを更新したロマン・グロージャンが1分38秒676を記録、ボッタスのタイムを上回ってトップに立ちます。

先ほど、ウィリアムズのマルドナドがザウバーのグティエレスの後方を走っていた際、グティエレスが急減速したためマルドナドはコースを飛び出して回避するインシデントが発生、レースコントロールは本件について予選後に審議を行うと発表しています。

多くのドライバーがピットに引き上げる中、ようやくレッドブル勢が動き出しました。

ベッテルとウェバーは共にハードタイヤを履いています。

マクラーレンのバトンは高速コーナーでオーバーステア、低速コーナーではアンダーステアが生じていると報告。あまりバランスが良くないようです。

ウェバーは1分38秒493のトップタイムを記録。続いてコントロールラインを通過したベッテルは・・・1分38秒516でした。

遅れて始動したレッドブルが1-2態勢を築く中、ピットに戻っていた他車がコースに出てきています。3番手につけるグロージャン以外がコース上。

ミディアムタイヤに履き替えたハミルトンが1分37秒959を刻んでトップに立ちます!

ウェバーはコースにとどまっていますがベッテルはピットに戻って行きました。

グロージャンはもう一度コースに向かいます。ベッテルはどうやらこのままライバルの走行を見守ることにしたようです。

ベッテルが一度だけアタックしたタイムは1分38秒516。現時点で7番手タイムです。

現在ノックアウトゾーンにいるのはマルドナド、スーティル、ヴァン・デル・ガルデ、ピック、ビアンキ、チルトン。

ウィリアムズはボッタスが4番手につけている一方でマルドナドは思うようにタイムを伸ばせず18番手です。

Q1が終了しました。

Q1で予選を終えたのは17番手から順にスーティル、マルドナド、ヴァン・デル・ガルデ、ピック、ビアンキ、チルトンでした。

スーティルはメカニカルトラブルに見舞われたようで、マシンを停めてしまいました。すでにコックピットを離れています。

フォース・インディアマシンが停車した付近ではイエローフラッグが振られています。

Q1でトップタイムを記録したのはボッタス。1分37秒821をマークしました。ウィリアムズの2台はQ1トップとQ1敗退という明暗が分かれる結果に。

Q2のスタートまでしばしの休息です。

Q2がスタートしました。早速ウィリアムズのボッタスやトロ・ロッソのリカルドらがコースに入っています。

少し上空に雲が増えてきたでしょうか。路面温度が29度に下がっています。

アタックを開始した10台はいずれもオプションタイヤをチョイス。Q1ではレッドブルだけがハードタイヤのみでQ2進出を決めています。

マクラーレンのバトンが加わります。まだレッドブルの2台、ペレス、グロージャン、ヒュルケンベルグはガレージ内。

暫定トップに立ったのはハミルトン。1分38秒104をマークしています。2番手には0.036秒差でボッタスが続いており、好調をキープしているようです。

ディ・レスタが2番手タイムを記録しています。ペレスがガレージを離れました。

グロージャンとヒュルケンベルグがここで始動。レッドブルの2台はまだ動きません。

Q2開始直後にコースインしたドライバーはいったんピットに帰還。マクラーレン勢とグロージャン、ヒュルケンベルグが周回しています。

お、ウェバーがコースに向かいました。

1分ほど遅れてベッテルもコースイン。

ピットに戻っていたドライバーたちもQ3進出をかけたアタックに挑むべくガレージを後にしています。

ペレスが2番手に飛び込みます。さらにグロージャンが1分37秒台に入れてトップタイム!

トップ5のオーダーはグロージャン、ハミルトン、ペレス、ディ・レスタ、ボッタスに変わりました。

レッドブル勢はウェバーが1分37秒312を刻んでタイムシート最上位に。ベッテルは目下セクター2を通過中です。

ベッテルは1分37秒フラットでまとめてきました。当然ながらポジションはトップ。2番手にウェバー、3番手にアロンソが上がり、ボッタスが4番手に続いています。

ノックアウトゾーンの11番手以降にいるのはグティエレス、ロズベルグ、コバライネン、バトン、マッサ、ベルヌ。

Q2はここでタイムアップ! グティエレスが8番手にポジションを上げました!

バトンは12番手、Q2敗退です。

ロズベルグもタイム更新ならず、ここで姿を消します。

一方のコバライネン・・・10番手でQ3進出を決めました!

Q2でノックアウトされたのは11番手のリカルドから順に、ディ・レスタ、バトン、ロズベルグ、マッサ、ベルヌでした。

Q2のトップタイムはベッテルが記録した1分37秒065。他に予選トップ10入りを決めたのはウェバー、アロンソ、ボッタス、グロージャン、ヒュルケンベルグ、ハミルトン、グティエレス、ペレス、コバライネンです。

Q3のスタートまで再びしばしの休息です。

ポールポジションが決するQ3のスタートです。

また少し上空の雲が分厚くなったように思われます。

ウィリアムズのボッタス、マクラーレンのペレス、そしてレッドブルのウェバーがコースイン。

ロータスはグロージャンとコバライネンの2台ともガレージを離れました。ベッテルもコースに向かいます。

アロンソ、ハミルトン、ヒュルケンベルグ、グティエレスはガレージでもう少し待機するようです。

まずはペレスが1分38秒074をマーク。続いてウェバーが1分36秒699を刻んできました。

ボッタスはタイムを残すことなくピットに戻っています。

グロージャンは1分37秒台、コバライネンは1分38秒台のタイムでした。ベッテルはウェバーより0.152秒遅い2番手タイム。

5台がタイムを記録してオーダーはウェバー、ベッテル、グロージャン、ペレス、コバライネンです。

ハミルトンとヒュルケンベルグがコースに入りました。ボッタスも加わります。

グティエレスが合流。アロンソはまだ動きがありません。

ウェバーやグロージャンと共にアロンソがガレージを後にしました。

ボッタスがセクター1をファステストで通過! セクター2以降はあまりペースが上がらず1分37秒836。それでも3番手につけています。

ウェバーがセクター1でファステストを刻んできました。さらにセクター2も全体ベスト!

チェッカーが振られて予選終了です。まだチャンスの残るドライバーたちがラストアタックに挑んでいます。

ウェバーは1分36秒441でまとめてきました。まだベッテルはアタック中・・・。

ヒュルケンベルグが3番手に浮上! ボッタスは4番手に下がります。

最終的に第2回US GPでポールポジションを勝ち取ったのは・・・ベッテル! セクター3でファステストをたたき出し、ウェバーのタイムを0.1秒上回りました!

フロントローにウェバーが並び、3番手はグロージャン。4番手以降はヒュルケンベルグ、ハミルトン、アロンソ、ペレス、コバライネン、ボッタス、グティエレスが10番手でした。

US GP決勝レースは日本時間18日(月)早朝4時スタート予定です。それではまた明日お会いしましょう!