トルコGP

/ News

  • トルコGP - 決勝

ハミルトンがシーズン初優勝! 可夢偉がポイント獲得

Kay Tanaka
2010年5月30日 « バリチェロとディ・グラッシ、エンジンに不満 | "失意"のホーナー、誰も責めず »
スタートでトップを守ったマーク・ウェバー © Sutton Images
拡大
関連リンク

30日(日)日本時間21時から2010年F1世界選手権第7戦トルコGP決勝レースが、イスタンブール・パーク・サーキット(全長5.338km)で行われた。レース周回数は58周、レース距離は309.396kmとなっている。

前日に行われた公式予選では、レッドブルのマーク・ウェバーが3戦連続となる今年4回目のポールポジションを獲得。2番手にルイス・ハミルトン(マクラーレン)がつけ、セバスチャン・ベッテル(レッドブル)とジェンソン・バトン(マクラーレン)が2列目に続いた。小林可夢偉(BMWザウバー)は今シーズン3回目の予選Q3進出を果たし、決勝レースは10番グリッドからのスタートとなった。

レーススタート時のコンディションは晴れ、気温28℃、路面温度48℃。今週末のトルコGPにブリヂストンはソフトコンパウンド(オプション/ソフトタイヤ)とハードコンパウンド(プライム/ハードタイヤ)を持ち込んだ。

ピットスタートを選択したルーカス・ディ・グラッシ(ヴァージン)を除く23台がフォーメーションラップに臨んだ。上位勢はほぼオプションタイヤを選択した。

23台がグリッドにつき、シグナルオールレッドからレーススタート! ウェバーはポジションを守り、路面がきれいな奇数グリッドからスタートしたベッテルが2番手でターン1に入ったが、その後のターン3でハミルトンがポジションを取り戻した。ミハエル・シューマッハ(メルセデスGP)がバトンをかわしたが、バックストレートでバトンに抜かれている。一方、2周目のターン1では可夢偉がエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)に抜かれて11番手に落ちた。

先頭のウェバーは10周目に1分32秒764というファステストラップを刻んだが、0.5秒後方にハミルトンが迫った状態が続いた。ベッテルがその2秒後方、さらに1秒の間隔をおいてバトンが続き、レッドブルとマクラーレンの4台が速いペースを維持。5番手のシューマッハはバトンから8秒の差をつけられた。

10周目の終わりに11番手の可夢偉と16番手のルーベンス・バリチェロ(ウィリアムズ)がピットイン。いずれもプライムタイヤに交換し、コースに戻った。翌周にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)もピットに入り、その後ヴィタリー・ペトロフ(ルノー)、エイドリアン・スーティル(フォース・インディア)、ペドロ・デ・ラ・ロサ(BMWザウバー)も続いた。

上位勢では14周目にベッテルがピットイン! 同じ周にシューマッハも続き、次の周に先頭のウェバー、ハミルトン、ロズベルグがタイヤ交換を実施。ベッテルがハミルトンを上回ることに成功した。一方、バトンはピットに入らずトップに立った。

バトンは17周目の終わりにピットへ。しかしチームメイトのハミルトンを上回ることができず、4番手でコースに戻った。これで大半のマシンがピットストップを終え、レッドブルが1-2、マクラーレンが3-4となっている。後方ではアロンソが可夢偉とスーティルを逆転して10番手となり、可夢偉もスーティルを上回って11番手をキープした。

レースが30周に近づくと、路面温度が下がって40℃以下に。上位4台は速いペースを維持し、4番手バトンと5番手シューマッハの差は28秒にまで広がった。

35周目にヤルノ・トゥルーリ(ロータス)がコース脇でマシンを止め、このレースのリタイア第一号になった。さらにチームメイトのヘイキ・コバライネンもピットに入り、ガレージにマシンを収めている。

ウェバーの動きを批判するベッテル © Getty Images
拡大

40周目に2番手ベッテルがバックストレートでウェバーに仕掛けたが、ウェバーがあまりスペースを与えずに接触! ベッテルはマシンを大きく傷めてバックストレートでストップし、ウェバーも走行を続けたが42周目の終わりにピットに入ってノーズを交換した。ベッテルはウェバーに対して右手を挙げて怒りをあらわにする場面もあった。

これでハミルトンとバトンのマクラーレン勢が1-2態勢に。ウェバーは3位のままとなったが、バトンからは30秒の差がついた。また、これで可夢偉が入賞圏内の10番手に浮上している。

48周目には2番手バトンが首位ハミルトンにアタック。バックストレートエンドで前に出たが、ターン1でハミルトンに抜き返されるシーンがあった。しかしレッドブル勢とは対照的に、こちらはお互いにきちんとスペースを与えながらのクリーンなバトルだった。一方、後方では可夢偉がスーティルにオーバーテイクされてしまい、入賞圏外の11番手に落ちた。

その後、ペトロフとアロンソが8番手争いを演じたが、接触があったようでペトロフの右フロントタイヤがパンクチャーに見舞われてスローダウン。これでペトロフはスローダウンしてピットインを迫られ、可夢偉が再び10番手に上がった。

レースはそのままファイナルラップに入り、ハミルトンが今シーズン初優勝! 2位にバトンが入り、ポールシッターのウェバーが3位だった。4位以下はシューマッハ、ニコ・ロズベルグ(メルセデスGP)、ロバート・クビサ(ルノー)、フェリペ・マッサ(フェラーリ)、アロンソ、スーティル、可夢偉までがポイント圏内。可夢偉は終盤にペースが大きく落ちたものの、なんとか後ろのデ・ラ・ロサを抑えきって今シーズン初ポイントを手にした!

ファステストラップは最終ラップにヴィタリー・ペトロフ(ルノー)が刻んだ1分29秒165。しかし、ペトロフは終盤にアロンソとバトルした際にタイヤを傷めてピットインを余儀なくされており、フレッシュなソフトタイヤでこのタイムを刻んでいる。

第8戦のカナダGPは2週間後の開催。最初のセッションとなる金曜フリー走行1回目は6月11日(金)の日本時間23時からスタート予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.