Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

リカルドにグリッド降格処分

Jim
2012年10月14日 « メルセデスがエクレストンの退陣に圧力? | チームオーダーを否定するレッドブル »
21番手からレースを戦うことになったリカルド © Sutton Images
拡大
関連リンク

韓国GP決勝レースを前に、トロ・ロッソのダニエル・リカルドがギアボックス関連のペナルティを受け、5グリッド降格処分を科せられた。

リカルドはQ2のセッション中にターン15とターン16の間で2速を失い、コース上でストップ。ドライブシャフト問題が原因だったものの、トロ・ロッソはトラブルを調査するためギアボックスを開かざるを得ず、結果的に5グリッド降格を強いられている。

予選16番手だったリカルドが21番グリッドに後退するため、相棒のジャン-エリック・ベルヌ、ブルーノ・セナ(ウィリアムズ)、ヴィタリー・ペトロフ、ヘイキ・コバライネン(共にケータハム)、ティモ・グロック(マルシャ)のグリッドがひとつ繰り上がる。

なお、予選で21番手タイムを残したマルシャのシャルル・ピックは今季9基目のエンジンを投入したことを受けて10グリッド降格ペナルティを受けた。

© ESPN Sports Media Ltd.