Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

マルコを擁護するベルヌ

Jim
2011年12月23日 « オースティンで工事再開 | マッサへのプレッシャーを強めるモンテゼモーロ »
ルーキーとして2012年シーズンに挑むベルヌ © Sutton Images
拡大

2012年シーズンに先立ち、トロ・ロッソのドライバーラインアップを一新する決断を下したレッドブルのドライバーマネジャー、ヘルムート・マルコ博士をジャン-エリック・ベルヌが擁護している。

フランス出身のベルヌは来季からダニエル・リカルドと共にトロ・ロッソの新レースドライバーに就任することが決まっており、これまでコックピットに座っていたセバスチャン・ブエミとハイメ・アルグエルスアリの2人はレギュラーを降ろされてしまった。

21歳のベルヌはフランスの『Auto Hebdo(オート・エブド)』に「ビックリしたかって? もちろん、でも僕には確信があったから。トロ・ロッソのポリシーは若手ドライバーの育成。ハイメ(アルグエルスアリ)もセバスチャン(ブエミ)も素晴らしい仕事をしたと思うけれど、彼らはもうそのポリシーの範囲外なんだと思う」と語り、こう続けている。

「ヘルムート・マルコが所属ドライバーに対して厳しいのは本当。でも、いつも言っているように僕が彼でも、まったく同じことをしただろうね。自分に力がなければそこに辿りつけないことはずっと分かっていたこと」

友人たちからは"ジェブ"の愛称で呼ばれるというベルヌにとって、マーク・ウェバーに代わりシニアチームであるレッドブルのレースシートを手に入れることが将来の目標であることは明白だ。

父ジャン-マリーは『La Parisien(ラ・パリジャン)』に対し「レッドブルが無作為に投資することはないが、私たちは来年以降のことは考えていない」と述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.