Toro Rosso

/ News

  • F1 70周年記念GP - アルファ・タウリ - 予選

「大満足」の走りで7番手を確保したガスリー

Saci / Jim
2020年8月9日 « フェラーリとマクラーレンがレーシング・ポイントの裁定に上訴へ | レースでの前進を目指すラッセル »
© Will Oliver/Pool via Getty Images
拡大

シーズン第5戦F1 70周年記念GP予選が実施された8日(土)、アルファ・タウリのピエール・ガスリーが7番手に入るも、ダニール・クビアトは16番手でQ1敗退を喫した。

土曜フリー走行ではガスリーとクビアトが11番手と12番手に並んだ。

ダニール・クビアト

「今日の午後はとても良いラップをこなしていたんだけど、ターン15で突風が吹いてコースオフしてしまったのはとても不運だった。大きなスナップが起き、かなりのタイムを失った。ポジティブな面を見ると、通常僕たちは予選の結果が振るわなくても日曜日に挽回できることが多いから、このまま前進していけばレースでそれなりの結果が出せてポイントを争えると思う」

ピエール・ガスリー

「素晴らしい土曜日だった。予選の結果には大満足だよ! 昨日は少し難しい1日だったけど、チームは金曜日から土曜日にかけて素晴らしい仕事をしてくれて、一晩のうちにマシンに適切な変更を施してくれたから、最大限のプッシュができた。Q2で4番手、Q3で7番手で、2台のフェラーリとマクラーレン、そして1台のレッドブルより上に立てたことは僕たちにとって最高の結果だった。これからは明日のレースに集中する。肘を出す準備を整え、チームにとって良い結果が出せるように最善を尽くす」

ジョディ・エギントン(テクニカルディレクター)

「金曜日の自分たちの競争力レベルを踏まえた期待値の大枠に沿って、今日の予選では中団グループの中に入るだろうと予想しており、今日はマシンが素晴らしいペースを示してくれたように、まさにその通りになった。ダニー(クビアト)は残念ながら、Q1のベストラップで、良さそうに見えていたものの、あおられてワイドにふくらんでしまったことで妥協を強いられた。今週末を通してパフォーマンスが良かったし、今日の予選ではもっと上位に食い込む力を持っていたと思うだけに、本当に残念だ。ピエールは楽にQ1のラップをまとめ、Q2に進み、何のインシデントもなく突破している。2回目のランに関してはほぼパーフェクトに近く、そのおかげで苦もなくトップ10入りを果たせた。Q3も良いセッションとなり、ピエールとともに、彼のふさわしい走りで7番グリッドを確保できた。今日のパフォーマンスには非常に満足しているが、もちろん、明日が重要であり、今回もかなりの接戦になると予想しているレースで、ピエールのスターティングポジションを生かしながら、ダニーもポイント圏内に滑り込めるよう、その2つの目標を達成できるレース戦略のオプションを検討するべく集中する」

© ESPN Sports Media Ltd.