Toro Rosso

/ News

  • F1 70周年記念GP - アルファ・タウリ - 初日

慎重にタイヤ戦略を見極めるアルファ・タウリ

Saci / Jim
2020年8月8日 « FIAはルノーの抗議を支持、レーシング・ポイントに罰金と減点 | フェルスタッペン、序列に大きな変化はないと予想 »
© Will Oliver/Pool via Getty Images
拡大

シーズン第5戦F1 70周年記念GPが幕を開けた7日(金)、アルファ・タウリのダニール・クビアトとピエール・ガスリーは2回目のフリー走行を12番手と13番手で終えた。

初回セッションはクビアトが9番手に入り、ガスリーは11番手のタイムを残している。

ダニール・クビアト

「まずまずな金曜日で、今日は生産的なラップがたくさんできた。C4タイヤに大きなサプライズはなく、好き嫌いを見極めるためのタイヤ評価を続けていくとともに、予選とレースで最高のコンディションを整えるためにも、いつも通りデータの分析もしていくつもりだ」

ピエール・ガスリー

「今日は先週末ほどマシンの感触が良くなくて、FP1とFP2の間にいろいろなテストを行った。マシンを改良するためにセットアップの方向性を変えようとしているけれど、まだベストなセットアップを見つけた感触はない。先週末は最初からとても良かったから、今夜すべてを分析してからどうするか考えるよ。ギャップはすごく小さくて、Q3に行くチャンスが欲しかったら、僕たちは明日もうちょっと良いパフォーマンスをする必要があると思う」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「2週間続けてシルバーストーンにやってきたので、ロールバックするための良いベースラインがあるというアドバンテージもあって、前回のイベントで取り掛かったセットアップ作業を継続できた。一部のセットアップ変更に関しては少々大胆にいけた。普段は1回の週末だけなので金曜日と言えばそのコースでの初走行となるが、通常の金曜日よりも少しマシンの限界をプッシュできたし、今のマシンパフォーマンスを最大化するための新しいアイデアをいくつか持ち込んでいる。最初は異なる方向性の見いだしから取り掛かり、FP1で示したパフォーマンスが有望だったので、それをベースにFP2を組み立て、さらなる変更を確実にした。今週末のタイヤは一番大きなトピックのひとつだ。C4はかなりアグレッシブであり、予選を踏まえた場合、C3とC4に大きなラップタイムの差が見られない。FP2ではグリッドの全体を通してさまざまなタイヤ戦略の幅を確認できたと思う。ベースタイヤを使う者もいれば、オプションだけを履く者もいた。それを見るに、明日はかなりおもしろくなりそうだ。この後は今日集めたすべてのデータを調査し、明日の予選と日曜日のレースに向けてベストなタイヤ戦略とマシンセットアップを見いだしていく」

© ESPN Sports Media Ltd.