Toro Rosso

/ News

  • ブラジルGP - トロ・ロッソ - 初日

トラブルの原因調査を進めるトロ・ロッソ&Honda

Me / Jim
2019年11月16日 « 競争力に自信を見せるフェルスタッペン | 気温上昇に備えるハースF1 »
© Peter Fox/Getty Images
拡大

シーズン第20戦ブラジルGP初日を迎えた15日(金)、2回目のフリー走行に臨んだトロ・ロッソ勢はピエール・ガスリーがエンジントラブルに見舞われ、ダニール・クビアトもトラブルでクラッシュを喫した。

ガスリーとクビアトがマシンを降りるまでに残したタイムが12番手と14番手のポジションにつけている。

ウエット路面でスタートした初回セッションはガスリーとクビアトが8番手と9番手に並んだ。

ダニール・クビアト

「クルマが勝手にスイッチオフしてしまうまでは総じて生産的なセッションだった。何の問題だったのかを突き止める必要があるけど、そこまでは堅実なセッションだったと思う。コースをよく理解したし、明日もっと速くなるために必要なものも分かった。だから今夜はハードに仕事をして明日の改善を目指す」

ピエール・ガスリー

「午前中、ウエットでのドライビングはすごく楽しかった。こういうコンディションになったのは久しぶりだから、トロ・ロッソでウエットの感触を確認できたのは良かったよ。午前中は全てOKだと感じたんだけど、残りの週末はドライのままだろうから、あまり役には立たないだろう。FP2ではプライムタイヤ(ミディアム)でいいペースがあり、続いてソフトでは少しトラフィックにつかまってしまった。だから、うまくクリーンなラップが取れなかったんだ。6番手から15番手まで0.3秒しか違わないから、明日はタイトになりそうだ。つまり、確実にクリーンなランをして予選で全てをまとめなきゃならないってことだよ。中団はすごい接戦だからね。明日はエキサイティングな1日になる。FP2の終盤はエンジンに問題があり、セッション終了の少し前にストップしないといけなくなって、ロングランの数周を失ってしまった。でも、そういうのは時々あることだ。明日はまた巻き返すよ。残りの週末で正しい選択をするための十分なラップは今日すでに走っているからね」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「ブラジルのFP1ではかなり集中的なテストを実施する計画でいたが、今朝の大雨により、とりえわけシーズンのこの時期に空力面に関して作業しようと思うと、ウエットでテストするのは非常に難しく、テストアイテムをキャンセルせざるを得なかった。ウエットタイヤで数周を走り、路面があっという間にインターミディエイトのコンディションまで乾いたので、競争力とバランスを確認するために走行したところ、マシンのパフォーマンスは素晴らしく、その点についてはポジティブだ。雨がやみ、セッション終盤にはドライタイヤで走られるコンディションになっていたようだったので、他の数チームと同様にわれわれもスリックタイヤで出ていったが、少し早すぎたと思う。特にC3タイヤ(ソフト)を機能させられるような状態ではなかった。タイヤを機能させるのに苦労しており、ご覧になった通り、アレックス(アレキサンダー・アルボン/レッドブル)がスピンしたため、タイムを計測できていない。FP2ではドライのセットアップに戻し、FP1で完了できなかった作業の埋め合わせに努めた。プライムとオプションのタイヤで低燃料走行も実施している。気温が低かったため、タイヤを作動域に持っていくのが大変だった。プライムでは競争力があるようだが、オプションはそれほどでもないので、特に明日に向けてはその点に取り組んでいかなければならない。とはいえ、天気予報は回復の兆しであり、気温も高くなりそうなので、今日とはあまり関連がないだろう。ロングランについては2台ともペースこそまずまずだったものの、残念ながら、ピエールはPU(パワーユニット)に問題があってロングランが短縮されてしまった。セッション終盤にはダニーのマシンにもトラブルがあり、マシンが完全にシャットダウンしてしまった結果、スピンを喫したものと思われる。すべてのデータと接続を失っていたので、原因を調査しなければならない。明日に向けてやるべきことは山ほどある。メカニックたちは今夜、かなりの作業をがんばらなければならない」

田辺豊治(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「FP1の前半は非常にウエットな路面で走行することになりましたが、路面が乾き始めたのでさらに周回を重ねられました。ドライタイヤを試した際にアレックスがクラッシュしたことは残念だったものの、チームがFP2に間に合うようにダメージを修復し、なんとか彼を送り出せました。午後の路面コンディションははるかに良く、より有益なデータを手に入れられています。セッション終盤にかけて、ガスリーのマシンはICEが故障し、その後、クビアトも(マシンが)完全にシャットダウンしたせいでクラッシュを喫したので、チームとともに2つの問題の原因を調査しているところです。ただし、PUに関しては残りの週末に影響は一切ありません。2人とも"金曜日専用"のPUを使っていたため、もともと今夜に載せ替える予定でした」

© ESPN Sports Media Ltd.