Toro Rosso

/ News

  • オーストラリアGP - トロ・ロッソ - 初日

予選に向けてペース向上を目指すクビアト

Jim
2019年3月15日 « クビサ、グリップに苦戦 | 予選を楽しみにするサインツ »
© Peter Fox/Getty Images
拡大

2019年シーズンが開幕した15日(金)、トロ・ロッソのダニール・クビアトとアレキサンダー・アルボンは2回目のフリー走行を11番手と17番手で終えた。

初回セッションはクビアトが7番手に食い込み、アルボンは13番手だった。

ダニール・クビアト

「今日はどちらのフリー走行もうまくいったし、プログラムを進めてかなりたくさんのラップを走れたから、このサーキットではそれが大事になってくる。マシンの感触は良い。コース上での時間を最大に生かせたと思うし、あとはとにかく、今夜に変えたいところを探していくだけ。明日までにマシンを改善できるようにするにはまだいくつかステップがあると思うから、今夜はそれに取り組んでいく」

アレキサンダー・アルボン

「F1週末のスケジュールもそうだし、マシンもコースも、まだ慣れているところ。このサーキットは簡単じゃないけど、今のところペースは良さそうだし、少しずつ自信もついてきている。FP1でスピンした後は少し気楽に行くことにした。スピードを取り戻してからはプログラムに沿って作業を進め、マシンでいくつか試した。タイムシートは別として、かなりタイトな中団グループの中でも僕らはかなり強そうだし、明日、改善するために今夜は自分たちの課題に取り組んでいかないといけない」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「コースから離れて過ごした長い冬を終え、再びレース週末に戻って来られて最高だ。メルボルンはできるだけ多くの周回を走り込みたいので常に忙しくなる。新車に加えて新しいドライバーが1人いるので、FP1は可能な限り多くの時間をコース上で過ごしたかった。ここは路面の進化が大きいため、テストアイテムから学ぶのがかなり難しくなることがある。それを踏まえて、FP1のセッションではあまり多くのテストを計画していなかった。アレックスはマシンとコースに慣れるのに時間を使っている。タイヤに熱が入ってきた際のグリップロスを過小評価してしまっていたことで、セッション終盤にはスピンを喫してしまったが、こういったコースはウオールにぶつかりやすいので、マシンチェックに時間をかけることにし、その結果、彼のセッションはわずかに短縮となった。FP2はショートランで2種類のタイヤを試すことに集中し、その後、ロングランにも取り組んだので忙しいセッションだった。ダニー(クビアト)のセッションはとてもスムーズだったが、オプションタイヤの力を最大に引き出せたとは言えないと思うので、彼の場合はさらにタイムを見いだせるはずだ。アレックスについては最初のタイム計測のターン11で、ちょっとしたトラブルに見舞われてしまい、フライングラップを断念しなければならなかった。最初のタイム計測以降はタイヤがうまく機能しないため、あれックスのラップタイムは本来のペースを表したものではない。中団グループは非常にタイトであり、コンマ数秒差がタイムシートでは大きな違いになるので、今夜はデータ分析とマシンバランスの微調整に集中して取り組む。ロングランはまずまずいい感じだと思う。まだ始まったばかりだが、ペースにはとても満足している。予選で好結果を残すためには、わずかなパフォーマンスでも引き出せるように、明日はわれわれもドライバーたちもすべてをしっかりとまとめなければならない」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「ようやくシーズン開幕戦を迎えました。冬季テストはとてもスムーズに進みましたし、今日の2回のフリー走行もその流れが継続しています」

© ESPN Sports Media Ltd.