Toro Rosso

/ News

  • 日本GP - トロ・ロッソ - 予選

Hondaの地元で好グリッドを得たトロ・ロッソ

M.S. / Me / Jim
2018年10月6日 « オコンが予選8番手も減速不十分で3グリッド降格 | 「タフな1日」を過ごしたルノー »
© Clive Rose/Getty Images
拡大

6日(土)、シーズン第17戦日本GP予選でトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーはそろってQ3に進出し、6番手と7番手のタイムを刻んだ。

土曜フリー走行はハートレーが13番手、トラブルを抱えていたガスリーは20番手に終わっている。

ブレンドン・ハートレー

「すっごくうれしいよ! インラップでは少し感情があふれてしまった。普通はエモーショナルになったりしないんだけど、今回は僕らが積み上げてきた全ての努力や、今季にいろいろと苦戦してきたことがあったからね。今日、全てがうまく機能し、僕の思う通りに進んで、必要なときに結果を出せたのは良かった。天気のせいでトリッキーな予選セッションだったけれど、チームの戦略はパーフェクトで、僕らはちょうどいいときにコース上にいたんだ。Hondaと日本のファンの前で6番グリッドにつけたのはファンタスティックな気分。あとはしっかりとポイントを取らなきゃいけないけれど、今はこの感触を楽しむよ」

ピエール・ガスリー

「ファンタスティックなリザルトだ。Hondaが鈴鹿で6番手と7番手だなんて、今年のいくつかのレースと比べて本当に最高の仕事ができた。僕もチームのためにすごくうれしいよ! チームにとって今年のベスト予選だろう。それを日本でできるなんて本当にスペシャルだ。鈴鹿はオーバーテイクが難しいから、スタートに全力で集中しないとね。ブレンドンも僕も週末ずっとクルマにいい感触を得ていて、周りには速いクルマがいるから、プッシュを続けるよ。ハードに戦う必要があるけど、いいスタートを決めて、5番手のロマン(グロージャン/ハースF1)をちょっと苦労させたいね。シーズンの最初から僕らはうまくやってきたし、目の前に現れたチャンスをつかんできたから、今回も集中を怠ることなく可能な限りベストなリザルトを目指して頑張りたい」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「われわれにとってはチャレンジングでタフな1日だったが、素晴らしい締めくくりだ。ブレンドンはとてもスムーズなFP3を過ごし、ラップタイムは必ずしもそれを示していないかもしれないが、彼のパフォーマンスは非常に素晴らしかった。自分自身もマシンからも、まだ多くの力を引き出せると彼は分かっていたのだ。風が強く、大きな影響を被ったため、バランスが一貫しておらず、ラップごとに異なっていたので、彼は予選までに自分の方でもっとやれることがあると思ったはずだ。ピエールはFP3でPU(パワーユニット)にカリブレーションのトラブルがあり、最大のパフォーマンスでクリーンなラップを走れなかった。そのため、ピエールには予選に向けた最善の準備をさせてやれず、昨日の問題もあってその状況は悪化してしまった。天候の影響で予選はチャレンジングなセッションとなったものの、チームは各セッションでその時その時のコンディションにしっかりと対応し、その先の天候も考えられていた。予選を通して、ドライバーたちは適切なタイミングで適切なタイヤを履いており、重要な場面でコースに出ていたと言えると思う。それが最終的な結果の大部分となった。両ドライバーともQ3では大事なタイミングで見事なラップを走っている。その後、雨が降り出して順位が確定したので、全体としては良い午後になった」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「ブレンドン、ピエール、チームのみんなによる素晴らしいパフォーマンスでした。われわれのファンが駆けつけてくれるHondaのホームレースでこの結果を得られたことがとりわけ特別な思いにさせてくれます。ロシアで抱えたPU(パワーユニット)問題は解消できました。これを解決するために必死にがんばってくれた全員に感謝しています。チームは鈴鹿に向けて非常に競争力の高いマシンに仕上げており、難しいコンディションの予選を実に素晴らしい戦略で切り抜けた結果、レースを6番手と7番手のグリッドからスタートすることになりました。今日の結果は現場にいる全員はもちろん、日本、イギリス、イタリアの施設で必死に取り組んでいる全員の努力があったおかげです。とはいえ、ピエールのPUはセッティングがまだ理想的ではないので、この後、レースまでに何かできることがないかデータを調べてみなければなりません。この結果にはとても満足していますが、ポイントを手に入れられるのは明日です。明日の日本GPで地元ファンの皆さまに力強い走りをお見せできるように集中していきます」

© Will Taylor-Medhurst/Getty Images
拡大
© ESPN Sports Media Ltd.