Toro Rosso

/ News

  • シンガポールGP - トロ・ロッソ - 決勝

入賞に届くペースがなかったトロ・ロッソ

Me / Jim
2018年9月17日 « ピレリ、「さまざまな戦略とストップ回数」 | ハースF1、必死の走りも入賞ならず »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

16日(日)、シーズン第15戦シンガポールGP決勝レースに挑んだトロ・ロッソはピエール・ガスリーが13位、ブレンドン・ハートレーは17位完走にとどまった。

ブレンドン・ハートレー

「今日は賭けに出て、早めにピットインすることにした。僕はハイパーソフトを履いている前の人たちよりも速かったんだ。ウルトラソフトに交換したら、多くの人たちが僕らのカバーに動き、トラフィックの中に戻ってしまってあまりうまくいかなかったけどね。それで、もう1回ピットストップすることにしたんだけど、ウィリアムズの後ろに引っかかってしまって、マグヌッセンにポジションを失った。何度かいいバトルもあったものの、ポイントを取れるペースは今日はなかった。シンガポールにはすごく期待していただけにがっかりだよ。タフなレースで、最後まで走り切れたのは良かったけど、お祝いはできないね。ハイパーソフトでのスタートを選んだのは、周りの人たちよりタイヤを長持ちさせられる可能性があったのと、1周目でポジションを上げられることを願っていたから。オコンがウオールに当たってしまってちょっとトリッキーだったけど、ハイパーソフトでの第1スティントはすごくコンペティティブだった。ポジションを上げるために違うことをしようとしたんだけど、うまくいかなかったよ」

ピエール・ガスリー

「今日はちょっと変なレースだった。良いスタートだったし、ポジションを3つ上げてオープニングラップの後は12番手にいたんだ。タイヤに関してはギャンブルに出てハイパーソフトでスタートしたけど、結局、僕らが考えたよりもはるかに難しくなってしまい、スティントの最後までもたせるのにかなり苦労した。最初のピットストップが終わった後はシロトキンとグロージャンのバトルにからんだけれど、青旗が振られてばかりでかなりタイムを失った。マシンの中で精いっぱいのことをやろうとしたけど、週末を通してポイントを争うペースがなかった」

フランツ・トスト(チーム代表)

「この数年、シンガポールではかなりコンペティティブだったので、いくらかポイントを獲得できると、とても楽観してここに乗り込んだ。しかしながら、トップ10以内でフィニッシュするのに必要なペースを発揮できなかったため、期待通りのパフォーマンスができなかった理由を分析し、この先のレースに向けてパフォーマンスを向上させるために変えるべきところを分析しなければならない。ピエールは非常に素晴らしいスタートを決め、いくつかポジションを上げてピットストップまではうまく守っており、ブレンドンもひとつポジションをアップさせてターン3のインシデントも回避した。序盤はピエールをトップ10に近づけさせられるのではないかと考えていたものの、ペースのないレースとなったため、ポイントを勝ち取れるポジションを達成できなかった」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「週末の出だしに苦戦し、FP1からペースが不足していました。予選までに小さいながらも改善したのですが、中団グループで競争力を発揮するのに十分ではありませんでした。さらに、今夜もレースペースに改善が見られたにもかかわらず、これだけ後方からのスタートだと、オーバーテイクが非常に難しいストリートサーキットでポイント圏内に入るのは基本的にかなり難しくなるものです。そのため、全体としてタフで残念な週末になりました。この後はすぐに、ロシアの次戦に切り替えて集中します」

© Charles Coates/Getty Images
拡大
© ESPN Sports Media Ltd.