Toro Rosso

/ News

  • オーストリアGP - トロ・ロッソ - 初日

新しい空力パッケージ採用を決めたトロ・ロッソ

Me / Jim
2018年6月30日 « 「人工的な」マリオカートにすべきではないとベッテル | 「ほぼ順調で大きな問題もない」とハミルトン »
© Patrik Lundin/Getty Images
拡大

29日(金)、シーズン第9戦オーストリアGP初日に実施された2回目のフリー走行でトロ・ロッソのピエール・ガスリーはサスペンションを破損するトラブルに見舞われながらも9番手につけ、55周を走破したブレンドン・ハートレーは17番手だった。

初回セッションはガスリーが10番手だった一方、ハートレーは19番手に終わっている。

ブレンドン・ハートレー

「オーストリアの初日、僕の側には何の問題もなかった。今日のプラクティスセッションではちょっとペース不足だったから、それには今夜取り組むよ。バランスにはまだあまり満足していないから、思い通りのクルマにするためにはかなり多くの仕事をしなきゃならない。ソリューションを見つけられる自信はあるし、明日は強くなって戻ってこられるだろう」

ピエール・ガスリー

「シュピールベルクでのいい初日だった。両方のプラクティスセッションでトップ10に入ったし、クルマにはかなりいい感触をつかんでいる。明日もこの勢いをキープしたいものだね! 気をつけないといけないのは、僕らはポール・リカールでも金曜日はとても速かったけど、その後状況が変わってしまったことだ。だから、今回は確実に改善を続けられるようにしなきゃならない。それに、ここは短いコースで他者とのギャップもすごくタイトだからね。FP2ではちょっとした瞬間があってマシンにダメージを負ってしまったけど、みんなが素晴らしい仕事で修理してくれて、セッションが終わる前に僕をコースに戻してくれた。ポジティブな始まり方だし、今夜はチームと努力して明日はもっとパフォーマンスを見つけるつもりだ」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「オーストリアの週末はF1カレンダーの中でも最高のイベントであり、レッドブルのホームだ。天気に関してはこの数日、さまざまな議論があり、もともとFP2は雨でダメになり、両セッションとも降雨の可能性があると考えていたが、結局、FP1もFP2もドライだった。これだけのショートラップなので、ラップやランの合間に息つく暇がなく、セッションはかなりの忙しさを感じる。加えて、とてもテクニカルなコースなのでドライバーたちにできる限り多くの周回をさせることに利点がある。今回のイベントには新しい空力パッケージを持ち込んでおり、今日はブレンドンのマシンに搭載した。FP1は風洞やCFDの結果と比較できるよう、彼のマシンでさまざまな空力構成のオプションを試すことに費やした。今のところ、データ分析では今回のパッケージが予想通りの挙動を示しており、ゲインを確認できているので、計画ではFP3以降、2台ともに搭載することになっている。ピエールは今日の初回セッションでメカニカルセットアップの作業に集中し、タイヤの挙動を確認する作業に取り掛かったので、FP2に向けていい方向性を得られた。このコースはマシンに厳しく、とりわけ、コーナー出口の縁石の数を考えると、黄色のソーセージ型縁石も非常に手厳しい。両ドライバーとも必死にプッシュし、コースのあらゆるパートを生かしきろうとするので、ボディワークのコンポーネントにいくらかのダメージを負った。激しかったのはFP2でピエールのロングラン終盤に発生したトラックロッドの故障だ。ラップを締めくくっているところに、ラップをスタートしたばかりの2台のフォース・インディアに出くわし、彼らの後方で汚れた空気を受けたためにフロントがまったく言うことを聞かず、黄色の縁石にぶつかった。これがトラックロッドに負荷をかけたせいで故障に至ったのだ。メカニックたちが素晴らしい仕事でマシンを修復してくれたので、セッション終盤にはコースに出てロングランに取り組めたため、ピエールはそれほど走行時間に妥協を強いられずに済んだ。ピエールがウルトラソフトのラップを完了していないことを考えると、彼のペースはコンペティティブなようなので、明日に向けてはポジティブに考えている。ブレンドンのマシンは必要なバランスを見いだすためにいくらか作業せねばならない。今日はそこに集中して明日に向けた準備を進めていく」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「このコースは高速区間と低速区間が混在しており、今日はそういった特徴に合わせてパワーユニット(PU)をセッティングしつつ、できる限り多くのデータを集めることに集中しました。午後にはガスリーのマシンがいくらか走行時間を失いましたが、それ以外はシンプルな1日となり、FP2に予想していた雨は姿を見せませんでした。ピエールのマシンには"金曜日"のPUを載せていたので、これから夜を徹してフランスGPの日曜日に使ったPUに載せ替えます」

© ESPN Sports Media Ltd.