Toro Rosso

/ News

  • ブレンドン・ハートレー

ハートレー、検査は問題なしとの診断

Jim
2018年6月11日 « チェッカーのミスでカナダGPは2周早く終了 | 接触で「レースは台無しになった」とペレス »
© Peter Fox/Getty Images
拡大

カナダGP決勝レースのスタートで恐ろしいクラッシュに見舞われたトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーがすべての検査を終えて医師から問題なしとの診断を得た。

ハートレーはオープニングラップでふらついていたウィリアムズのランス・ストロールとウオールの間に挟まれ、傾いた状態でウオールに乗り上げつつ、勢いがついたまま宙に浮くようにコースを進んだ。このインシデントでハートレーもストロールもリタイアを喫し、レースはセーフティカーピリオドを迎えた。

両ドライバーともメディカルセンターに向かい、ハートレーは予防的な検査のために付近の病院に搬送されている。2回の心電図検査を終えたハートレーはどちらも通常の数値だったとのことで、ヘリコプターでサーキットに戻った。

ハートレーとストロールの一件はレース中に審議が行われたが、どちらのドライバーにも処分は下されていない。

© ESPN Sports Media Ltd.