Toro Rosso

/ News

  • カナダGP - トロ・ロッソ - 初日

新コースを気に入った様子のトロ・ロッソ勢

Me / Jim
2018年6月9日 « 3種類のタイヤをすべて試したハースF1 | 2台ともアクシデントに見舞われたルノー »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

8日(金)にシーズン第7戦カナダGP初日のセッションに臨んだトロ・ロッソのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーは2回目のフリー走行を12番手と18番手で終えた。

初回セッションはガスリーが15番手、ハートレーは17番手のタイムを残している。

ブレンドン・ハートレー

「いい初日で、僕にとってはモントリオールのいい経験になった。すごく難しいサーキットだ。特に最初のセッションは路面がすごく汚れていた。いくつかチャレンジはあったけど、最初の数ラップのドライビングを楽しんだよ。何回かシケインを直進しちゃったけど、ウオールに吸い込まれなかったのは良かったね! FP1では僕のクルマに小さな問題がいくつかあったんだけど、メジャーなものではなく、FP2では全て解決されていた。僕らは空力面でも少し実験的なことをやっていて、それが2回目のセッションでそれがポジティブなステップにつながった。クルマをいいウインドーに入れられたんだ。ここではトラクションがすごく重要だから、それを助けるための微調整を少しやった。全てのコーナーの出口がすごく重要で、出口部分が長い複合的なフェーズになる箇所もある。もう少しタイムを見つけないといけないと思うけど、僕らは確実に中団バトルの渦中にいるよ」

ピエール・ガスリー

「モントリオールで新しいコースを知るのは素晴らしい体験だった。ポジティブな週末のスタートが切れたよ。すごくいい、エキサイティングでチャレンジングなサーキットだ・・・最初の数ラップは本当に楽しかった! FP1を10番手でフィニッシュできたのはいい始まり方だし、クルマはセッション序盤からとてもいい感触だった。午後になって気温が上がってもクルマの挙動は良かったよ。ただ、僕のショートランでは少し問題があったから、クルマが持っている本来のペースを見せられなかったんだ。ブレンドンのタイムが示すように、トップ10争いには入っていると思う。今夜は少し仕事をする必要があるけど、クルマにはいいフィーリングを得ているから、明日はいい戦いができるように細かい調整をするだけ!」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「全体として、カナダではわれわれにとってとても生産的な金曜日だと言えるだろう。うちのドライバーはどちらもコースのことを知らなかったので、ここに来るにあたり、モナコと同じく、可能な限り一貫性のあるマシンでドライバーたちに多くの周回を重ねさせることがプランだった。もちろん、ここでは次なる新しいパワーユニットを搭載しており、アップデート型パワーユニットになったので、通常のマッピング作業を実施する必要があったが、すべて完全に期待通りに機能している。トラブルは一切なく、ドライバビリティも非常に素晴らしい。最初のセッションはメカニカルテストや空力テストにも取り組みつつ、このコースにおけるセットアップの最適な妥協点を見いだそうと努めた。最初のセッションではすべてが予想通りに動いていたので、FP2に向けてさらにいくつか変更を施した。ピエールのマシンについては特にそうだ。FP2は標準的なプランで、ブレンドンがとても良いセッションを過ごし、それが反映されたポジションでフィニッシュしている。ピエールについては、われわれが施したセットアップ変更が少し遠すぎてしまったようだ。彼はマシンに100%満足していなかったので、ラップをうまくまとめきれず、だからタイムシートも低い位置で終えることになった。すべてをうまくやり、セットアップを最適化すれば、それを改善できることは分かっている。ハイパーソフトは少しグレイニングとデグラデーションを抱えていたので、おそらく多くのチームがそれに苦しんでいたはずだ。われわれのマシンにハイパーソフトを履かせたときはまずまずコントロールできていたようだ。明日の最適なセットアップを決め、さらに日曜日に向けて適切な戦略の方向性を決めていくにはいろいろとやらなければならないことがある」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「2台ともアップデートしたパワーユニット(PU)を搭載しており、主にICEに関連した変更は今のところ、すべてがきちんと機能しており、残りの週末に向けて励みになっています。それ以外はこのコースにおけるPUの最適なセッティングを見いだすため、通常の金曜プログラムに取り組みました。2回のセッションはトラブルフリーでしたし、予定していたプログラムをすべて完了できました」

© ESPN Sports Media Ltd.