Toro Rosso

/ News

  • スペインGP - トロ・ロッソ - 初日

ペース改善に期待を寄せるトロ・ロッソ

Me / Jim
2018年5月12日 « 変化の激しい風向きに苦戦したメルセデス | 追い風に捕まったリカルド »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

11日(金)に開幕したシーズン第5戦スペインGPのフリー走行2回目をトロ・ロッソのピエール・ガスリーは14番手、ブレンドン・ハートレーは18番手で終えた。

初回セッションはガスリーが10番手に食い込むも、グリップに苦戦したハートレーは18番手にとどまっている。

ブレンドン・ハートレー

「最初のセッションではグラベルを通過して少しタイムを失ったけど、おおむねクリーンな1日だった。2回目のセッションでは大きく変更を加えたんだけど、あまりうまくいかなかったんだ。でも、正しい方向を見つけるためには違うことを試してみることも時には必要だ。午後はあまり速くなかったけど、ポジティブでいよう。明日はきっとペースを上げられるはずだ」

ピエール・ガスリー

「かなり興味深いバルセロナの初日だった。午前中のFP1は10番手タイムだったし、すごくいい始まりだったと思う。午後のセッションではクルマに苦しんだ――すごく暑くて風が強く、僕らはこういうコンディションだとちょっと苦戦してしまうみたいなんだ。まだ全員の差がすごくタイトだから、中団がさらに接近する明日に向けて、もっとパフォーマンスを見つけ出さないと。コンマ数秒を発見できたら10番手付近の戦いに食い込める。そこへ行けるように今夜は仕事を頑張るよ」

ジョナサン・エドルズ(チーフレースエンジニア)

「誰にとっても同じではあるが、今日は相当にトリッキーなコンディションで、多くのマシンがコースオフを喫していた。ほとんどは変化が激しく強い風の影響であり、ここはコーナーが高速でかなりオープンになっているので、ほんの少しの風があってもかなり大きな影響を及ぼすコースだ。今朝はブレンドンが序盤40分の間にコースを飛び出した。マシンにダメージはほとんどなかったものの、コックピットに大量の石が入ってしまい、ブレーキペダルの下に石が入り込むような状態は望まないので、安全性の理由から、その最初の40分間が終わる前にコースに送り出せず、それについては残念に思っている。FP1ではセットアップ作業とメカニカルセットアップのアイテム、ここでの冬季テスト中に試した物のさらなる開発に集中した。ここは非常にスムーズな路面で、1年で一番スムーズでもあるため、他の多くのサーキットでは機能しない別のセットアップもトライできる。今朝はそれに取り組んでいた。ピエールのFP1はかなりシンプルなセッションで、セットアップ作業に励んで、午後にはそこからさらに理解を深められるように努めた。2回目のフリー走行もコンディションが厄介だった。ピエールがターン9でワイドにふくらみ、フロアにかなり激しいダメージを負ったため、彼のマシンには完全に新しいフロアを載せなければならなくなった。ブレンドンの最初の走行でもフロアにいくらかダメージがあったものの、セッション中に修復できた。これだけ素早くマシンの準備を整えたメカニックたちは見事だったが、問題だったのは、すべての修復作業やフロアの交換があったがために、スーパーソフトを履いた予選ランに出るのが遅くなり、すでに他のマシンがロングランを始めた中に突っ込む格好となってしまったこと。うまくクリーンな予選シミュレーションができなかったので、タイムシートは今のマシンのポジションを公平に反映したものではないと思っている。とはいえ、まだマシンバランスに100%満足できていないので、明日に向けて今夜やるべき作業はまだかなりある。ロングランについては、トラブルを抱えた影響で2台とも望んでいたよりも、わずかに短いシミュレーションとなったものの、情報は集められているし、ソフトタイヤの挙動はかなり良い。とにかく、すべてをしっかりとまとめ、日曜日に最良の戦略を選択する必要がある」

田辺豊治氏(ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクター)

「過去2戦の難しいレースと比較して、われわれの全体的なパッケージはおおむね改善しているように見受けられます。過去2回のグランプリで得たデータから学び、それらのアイデアをここで適用しました。2台とも午後はやや長めのストップがありましたが、大きなトラブルなく走行することができ、通常の金曜日のプログラムを終えています。ですが、予選のシミュレーションがトラフィックによって損なわれてしまったことは残念です。強風も相まって、さらにセッションが複雑なものになってしまいました。明日の最後のプラクティスでは、速いシングルラップ向けのエンジンセッティングにもう少し集中します。このコースはオーバーテイクが難しいため、いい予選がとても重要ですからね」

© ESPN Sports Media Ltd.