Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

トロ・ロッソ、信頼性問題に関してルノーを非難

Jim
2017年11月11日 « ハミルトンが「勝手に飛び出しただけ」とヒュルケンベルグ | メルセデスのチームバスが強盗に襲われるも負傷者ゼロ »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

ここ最近のトラブルの理由がパワーユニットの使い方にあると示唆したルノーに対し、トロ・ロッソが反論している。

2台がエンジンペナルティを食らったメキシコに続き、ブラジルGP週末もパワーユニット関連のトラブルに見舞われたトロ・ロッソはまたも大量のグリッド降格処分を強いられることになった。フリー走行前には新コンポーネント搭載が決まっていたが、初日のセッション中にもブレンドン・ハートリーとピエール・ガスリーの2台を新たなトラブルが襲ったのだ。

10日(金)、ルノーのシリル・アビテブールはインシデントがトロ・ロッソのパワーユニットの使い方にある可能性を示唆し、『Motorsport.com』にこうコメントしていた。

「この状況には納得していない。かなり真剣に取っている。トロ・ロッソはここ数戦、他のチームよりも多くの問題に苦しんでおり、それが起きる際は間違いなく、レギュレーションの影響、パーツの在庫や製造のリードタイムが理由で問題が起きている」

「われわれはトロ・ロッソのマシンでうちのエンジンが使用されている方法に関して若干の懸念を抱いており、もしかするとそれが、とりわけトロ・ロッソにこれだけ多くの問題が生じる理由を説明するかもしれない。このスポーツに偶然の一致など絶対にないのだ」

翌11日、トロ・ロッソは声明を発行し、繰り返す故障に対して新しいパーツが不足していることを非難するなどエンジンサプライヤーを批判している。

「チームのエンジンサプライヤーからメディアを通して発せられた昨今の言いがかりについて、トロ・ロッソはパワーユニットに関する実際の状況を明確にしておきたい」

「シリル・アビテブールがメディアに対し、トロ・ロッソがパワーユニットに抱える問題は主にチームに関連したものであり、STR12シャシー上でのパワーユニットの使われ方にあると示唆したことはチームにとって大きな驚きである」

「ここ最近、トロ・ロッソが苦悩しているすべてのMGU-Hとシャフトの故障はチームの運用方法やシャシーへのパワーユニット搭載方法に関連するものではないことを明確にしたい」

「シーズン半ばの冷却改良を除き、このインストレーションは2017年シーズンを通して変化したり改変されたりしたことはない。夏休み以降、トロ・ロッソはパワーユニット関連のトラブルが相次いでおり、それに伴うグリッドペナルティがチームのポイントやコンストラクターズ選手権の順位に影響を及ぼしている」

「この問題について、われわれは主な理由のひとつに新しいパワーユニットのパーツの在庫不足があると考えている。トロ・ロッソの場合、週末中に1基のパワーユニットから別のものにパーツを交換することが恒例となっており、その大半で旧スペックのアセンブリの使用を強いられている」

「メキシコの前戦では6台(*)中わずか2台しか完走できていない。これは信頼性の乏しさを強調している」
(編集部注*:ルノーエンジンを積むルノー、レッドブル、トロ・ロッソの6台)

「コンストラクターズ選手権で彼らがトロ・ロッソとポジションを争っていることを忘れてはならない。アビテブール氏が示唆されたように、この状況は偶然ではないかもしれないが、確実にSTR車のせいでもない」

シーズン残り2戦となった現在、ランキング6位につけるトロ・ロッソをルノーが5ポイント差で追いかけている。チャンピオンシップの順位は翌年の分配金に直接的に影響を及ぼす。

ルノーとトロ・ロッソの親会社であるレッドブルが異なる見解を抱いたのはこれが初めてではない。11日朝にはパドックでアビテブールとレッドブルのヘルムート・マルコが白熱した様子で話し合っていた。ルノーは2018年も姉妹チームのレッドブルに供給を続けるものの、トロ・ロッソはHondaにサプライヤーを切り替えることになっている。

© ESPN Sports Media Ltd.