Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

マグヌッセンの自業自得だとクビアト

M.S.
2017年5月16日 « 複数のオファーを断っていたバトン | アロンソ、ルーキー・アンド・リフレッシャーテストでトップに »
© Mirko Stange/Sutton Images
拡大

トロ・ロッソのダニール・クビアトはスペインGPのラスト2周で起こったケビン・マグヌッセン(ハースF1)とのクラッシュで責任を負うべきなのはマグヌッセンのみだと考えている。接触してパンクチャーを喫したマグヌッセンはポイントフィニッシュを逃してしまった。

残り2周でクビアトから9番手を取り戻そうとしていたマグヌッセンは、ターン4でクビアトと接触してしまった。レースの大部分でトップ10圏内にいたマグヌッセンだが、ダメージを免れたクビアトが9位フィニッシュを遂げたのとは対照的に、ニュータイヤへの交換を迫られて14位でレースを終えている。

レース後、クビアトはマグヌッセンへの同情心をほとんど持ち合わせていないことを明らかにしている。

「彼が僕の方に突っ込んできて、自分でパンクしたんだ。僕が前にいて、彼はポジションを取り戻そうとして突っ込んできた。(話し合いをするべき)理由なんて見当たらない。すごくはっきりしていたんだから」

ハースF1の代表を務めるギュンサー・シュタイナーはマグヌッセンを擁護し、ダニエル・リカルド(レッドブル)の接近を受けて出された青旗のタイミングの悪さによってマグヌッセンのクビアトに対するバトルが阻害されてしまったと説明している。

「単なるレーシングアクシデントだと思う。ケビンはトライしただけだ。青旗でリカルドが彼を抜いていったとき、ケビンはアクセルを緩めてブレーキせざるを得ず、少し勢いを失った。クビアトに捕らえられ、ケビンはもう一度彼を抜こうとしただけ。単純なレーシングアクシデントだ。こういったことはよくある」

マグヌッセンが突っ込んできたというクビアトの発言について知らされたシュタイナーは「なるほど。しかし、そう言うしかないさ!」と応じた。

© ESPN Sports Media Ltd.