Toro Rosso

/ News

  • スペインGP - トロ・ロッソ - 決勝

クビアト、最後列からの入賞に歓喜

Jim / Me
2017年5月15日 « 最高の結果を手に入れたフォース・インディア | ミディアムに苦戦したハースF1 »
© Mirko Stange/Sutton Images
拡大

14日(日)、シーズン第5戦スペインGP決勝レースに挑んだトロ・ロッソのカルロス・サインツとダニール・クビアトはそれぞれ8位と9位でゴールし、ダブル入賞を果たした。

ダニール・クビアト

「ポイント圏内でフィニッシュできて最高の気分だ。自分自身と担当エンジニアたちを誇りに思うよ! 昨日は難しい日だったにもかかわらず、僕らは諦めずに素晴らしい戦略を使って最後列から9位にまで浮上したんだ! もちろん昨日のことについてはしっかり分析して何が起きたのかを調べなければいけない。あんな予選セッションはこれ以上許されないからね。でも今日のレースは楽しかった。通常はオーバーテイクが難しいはずのサーキットで何台ものマシンをオーバーテイクできた。全てのラップを楽しんだから、すごくハッピーだよ。タフな週末の終わりにこういうポイントは大歓迎さ! みんなに感謝しないとね!」

カルロス・サインツ

「なんて素晴らしいレースだ。最高にうれしい! スタートはちょっとカオスだったけどね。いくつかポジションを上げられたのに、ターン2でアクシデントを避けるためにワイドに膨らまなきゃいけなくなって・・・。それでせっかく得たはずのポジションを失ってしまったんだけど、9番手にいたから、そこから先は巻き返しのために全力疾走あるのみだった。何とか達成できて7位フィニッシュ。12番手スタートだったから最高の結果だね! 今日は本当に楽しかった。常に前にいるマシンよりも速かったから、ミラーを見ることなんて一度もなかった。それに、ファンからこんなにたくさんの声援を受けたのもうれしい。ちゃんと感じていたからね! 前にいたマシンを追い抜こうとコース上でもピットレーンでも別の道を探って試して、ずっとプッシュし続けていたんだ。かなり完全系のレース週末になったと思う。レース終わりのインラップ中に僕のグランドスタンドを見上げたら、皆が大声援を送りながら僕を応援してくれていて本当にうれしかった。最高のサポートをしてくれた皆にありがとうと言いたい。感謝を伝えるという点では、ピットストップのクルーを称えておく必要がある。彼らは今年、ピットストップをかなり大きく改善させている。それが今日のレースの重要なパートになった。この感謝の気持ちを伝えようと思って、ガレージの皆にちょっとしたサプライズを用意しているんだ。スペインのハムとビールを一緒に味わおう! 皆、それにふさわしいがんばりだったからね!」

フランツ・トスト(チーム代表)

「今日は素晴らしいレースだった。カルロスが7位、ダニールが9位でフィニッシュしたことはわれわれにとって最高の結果だ。昨日の予選は失望のセッションになってしまったが、ドライバーもチームも本当に見事なパフォーマンスであり、困難にも誰ひとりとしてあきらめることなく立ち向かう姿を見られたのはポジティブだ。結局のところ、大事なのはレースだからね! 今週末、このバルセロナに持ち込んだアップグレードはすべてうまく機能しているようだ。特にレースでは何度か素晴らしいオーバーテイクもあり、コンストラクターズ選手権では今季の目標である5位に復帰できた。戦略についてはとても良い判断ができ、両ドライバーとも素晴らしい仕事をしてくれた。常々、今回のレースがチームにとって良いものになると言ってきたが、このコースはうちのマシンセットアップに合っているので可能な限り多くのポイントを獲得する必要があった中で実際に達成でき、本当にうれしい。次のモナコのレースも同様だと考えているので、同じアプローチを取って今から備えていく」

© ESPN Sports Media Ltd.