Toro Rosso

/ News

  • US GP - トロ・ロッソ - 決勝

サインツ、見事なバトルに感激

AI / Me
2016年10月24日 « マグヌッセン、5秒のタイムペナルティで12位に | 「半分ハッピーエンド」を迎えたハース »
© Gasperotti/Sutton
拡大

23日(日)、シーズン第18戦US GP決勝でトロ・ロッソのカルロス・サインツが6位入賞を遂げ、ダニール・クビアトはタイムペナルティを科されながらも粘りのレースで11位完走を果たしている。

クビアトはセルジオ・ペレス(フォース・インディア)との接触を引き起こしたとして10秒のタイムペナルティを科され、ピットストップでそれを消化した際に隊列の最後方に下がったものの、チェッカーフラッグまでに中団に巻き返した。

なお、クビアトはルノーのケビン・マグヌッセンに次ぐ12位でフィニッシュラインを通過したものの、マグヌッセンがレース後に5秒のタイムペナルティを科された影響で、クビアトが11位、マグヌッセンが12位に変わっている。

以下はペナルティが発令される以前のコメント。

ダニール・クビアト

「僕にとってはタフな日だった。スタートは良かったと思うけど、1周目のペレスとのインシデントで10秒のペナルティを受けたから、1ストップに切り替えなければならなかった。これがレースの妨げとなり、うまくやり遂げるのは簡単ではなかったけど、僕らはベストを尽くして最後までプッシュし続けた。ミディアムタイヤですごく長いスティントを走ったんだ。マネジメントはすごくうまくいったよ。ポイントを狙うチャンスがあまりなかったことだけが悔やまれる」

カルロス・サインツ

「今日の結果は僕自身とチームにとってすごく特別なものだ。これはトップ、トップ、トップのリザルト!! とても力になって、チームをやる気にしてくれるね。シーズン最後まで前を向き続けられるよ! このコースに何があるかは分からないけど、毎回ここでレースをするたびにとても良いフィーリングなんだ! 忘れられない週末だよ! 僕のF1でのベストリザルトと同じ結果にとてもハッピーだけど、この6位はバルセロナの時より、もうちょっと特別だね。それは、ここでは僕たちのクルマに力がないと思っていたからなんだ。僕たちのレース前のシミュレーションでは11位か12位フィニッシュだろうって出ていたのに、5位をかけて戦ったんだから! 最初のスティントではタイヤをもたせることができて、ウィリアムズから離されずに、ソフトタイヤを履いてフェルナンド(アロンソ/マクラーレン)に対して良いギャップを作ることができた。バーチャルセーフティカーのタイミングもちょっとラッキーだった。それによって突然ウィリアムズの前に出られたから、僕たちにしたら素晴らしい知らせだったよ。ソフトタイヤで最後まで走るのはとても厳しいだろうと分かっていた。でも、走りきると決めていたし、そのセットで最後まで走った。最後の2周はタイヤが残っていなくて、できるかぎり踏ん張っているだけだったんだ! フェルナンド(アロンソ/マクラーレン)とのバトルはとても楽しかった! 彼に抜かれてしまうと思っていたけど、"もうちょっと難しくしてやろう!"って自分自身に言い聞かせていた。これまで12年間、彼がレースをするのを見てきたから、彼がアタックしてくる方法も、どうやって守るかも完璧に分かっていたんだ。彼がDRSを開けるまでのラップでは後ろに抑えられると思った。だから"チャオ、チャオ"って言えてとても良かった! とってもうれしくて、とってもハッピーで、今僕の中で何が起きているのか分からないよ。外には見えていなくても、喜んでいるんだよ! 絶対に今夜はシャンペンでお祝いをするつもりさ。僕にとっては優勝したみたいな感じだ!」

フランツ・トスト(チーム代表)

「カルロスは10番手からスタートし、最初のコーナーでは他の者たち――特にアロンソ――に対してとてもクレバーな守りを見せて1周目の終わりには8番手に上がっていた。彼はそこからクリーンでコンペティティブなレースを見せ、同時に感心するほどのタイヤマネジメントをしてみせた。レース終盤、彼は5番手を走行し、ラスト数周になるまでアロンソを相手によくポジションを守り続けた。最終的にはマクラーレンドライバーに抜かれてしまったが、われわれの方がストレートでははるかに遅く、カルロスにはポジションを守るすべがなかったことを忘れてはならない。マッサにアタックされた時も素晴らしい仕事をしていたよ。今日のカルロスは本当に堅実だった。この6位はチームで過去最高のレースを見せた彼にふさわしいものだ。ダニールについてはスタート後にペレスと接触し、フロントウイング左のエンドプレートにダメージを負ってしまった。そのため彼はダウンフォースを失い、結果的にパフォーマンスをも失っている。また、彼は10秒のストップ&ゴーペナルティも科されているため、12位でのフィニッシュがやっとだった。全般的にチームは大変良い仕事をしており、マシンは予想よりもコンペティティブだった。7日後のメキシコのレースを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.