Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

クビアトがトロ・ロッソ残留

Jim
2016年10月23日 « フォース・インディアは「強敵」とボッタス | メルセデス、夜間消灯令を破る »
© Martini/Sutton
拡大

トロ・ロッソはダニール・クビアトとの契約を延長、来年もチームにとどまることが発表された。

今季序盤のスペインGPを前に、レッドブルからトロ・ロッソに"降格"となったクビアトのF1キャリアは大ピンチに陥った。以降のレースでクビアトは4ポイントの獲得にとどまっており、現在GP2でランキング2位につけるピエール・ガスリーなど多くの優秀な若手ドライバーを抱えるレッドブルファミリーでのキャリア継続に黄色信号が灯っていると考えられていたが、US GP週末の22日(土)にトロ・ロッソからクビアト残留の報がもたらされた。

「良い知らせ!」と話すクビアトは「レッドブル、(ヘルムート)マルコ博士、それから、今年始めにチームに戻って以来ずっと僕のことを信頼して支えてきてくれたチームの皆に感謝したい。自分がホームだと感じられるチームに残留できることになって本当にうれしい」と続けている。

「2017年も一緒にがんばっていくのがすごく楽しみだし、かなり高い目標を掲げている。200%の力で常に必死に取り組んでいくつもり。もちろん、いつも通りハードにプッシュしていく。うれしいな!」

トロ・ロッソはすでにカルロス・サインツの続投を明かしているため、クビアト残留決定によりコンビの継続も決まった。

チーム代表のフランツ・トストは「相対的に早くドライバーラインアップを発表することは変化をもたらす。(2017年は)F1全体に新たなエレメントが数多く導入されるのに加えて、とりわけうちのチームはパワーユニットのサプライヤーが変わるので、同じ2人のドライバーを起用することで安定感とベンチマークを得られる」と述べた。

「カルロスに関しては次が3年目となる。つまり、われわれがいかに彼のことを高く評価しているかを物語っている。最近のレースではダニールが本調子を取り戻しつつある。彼にはいつも、われわれとの将来は君自身の手にあるのだと伝えてきたが、彼がその言葉に答えるように、2017年のSTR 12のシートを確保するにふさわしいパフォーマンスを発揮してくれた」

「これで才能にあふれる強力なドライバーペアを擁して、非常に競争が激しいと予想するシーズンに挑むことになった」

また、サインツは次のようにコメントしている。

「2017年に向けてF1のパイプラインに並ぶ変化の多さを考えると、ダニールと僕が来年のトロ・ロッソでもチームメイトとして続けるのは良いことだと思う。2010年からずっと一緒にやってきているから、お互いによく知っているし、しっかり協力して取り組めている。今シーズンがまだ終わっていないのは分かっているけど、僕はすでに来年が楽しみでしょうがない!」

© ESPN Sports Media Ltd.