Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

勝者は自分だったかもしれないとクビアト

M.S.
2016年5月16日 « モード設定のエラーが引き起こした同士打ち | 僚友との接触後も関係は変わらないとハミルトン »
© Martini/Sutton
拡大

自分と交代でレッドブル入りしたマックス・フェルスタッペンがスペインGPで優勝したのを受け、トロ・ロッソのダニール・クビアトは表彰台の頂点にいたのは自分だったかもしれないと考えている。

前戦ロシアGPで大きなクラッシュの原因となってしまったクビアトは、調子と信頼を取り戻すための措置としてレッドブルから古巣のトロ・ロッソに戻された。フェルスタッペンのデビュー戦は目覚ましい初勝利という形に実ったが、交代劇がなければ自分が同じことをしていたかもしれないと考える理由は十分だと話している。

フェルスタッペンの優勝を見た感想について、クビアトは「正直なところどうでもいい。今は新しいマシンで自分自身の仕事をしているんだし。もちろん、自分にもそうできるポテンシャルはあったと考えちゃうね。僕にもできたことに疑いはない。僕らにそうできるポテンシャルがあったと分かる。ただそれだけのこと」とコメントした。

悔いの残る予選で13番手にとどまったクビアトは、ダウンフォースレベルの低いSTR11で苦戦したと認めており、1ポイントを持って帰るのが精一杯だった。とは言え、特にレース後半での改善には満足しているという。

「ポジティブなところもたくさんあると思う。レースの後半はすごくコンペティティブだった。ポジティブな要素がたくさんある、いいレースだったよ。結果として僕らのペースは強かったし、周回遅れにされなければもっとポイントを取れたはず。レース前半はちょっと難しくて少しタイムを失ったけれど、クリーンなところに出たとたんにかなりコンペティティブになったから、とても満足」

厳しいスタートを切った後、強力な結果を得るために絶え間なく困難なバトルを続けたとクビアトは説明した。

「ブレーキに確信が持てなかった。新しいマシンでは常にかなり難しいんだ(ターン1で)ブレーキが早すぎて、当然オーバーテイクされた。そこからは他のマシンの間で身動きできず、1周目はとにかくついてなかった。セーフティカーの後は2つポジションを譲らざるを得なくて、かなりタイムロスした。そこが僕らのレースを困難にしていたから、また数ポイント失ったね。でも、それでもポジティブなレースだった」

© ESPN Sports Media Ltd.