Toro Rosso

/ News

  • カルロス・サインツ

ジュニアを外してほしいとサインツ

Jim
2014年12月1日 « 「クリスマス前」の話し合いを望むハミルトン | 次世代のワーキンググループ誕生 »
© Getty Images
拡大
関連リンク

トロ・ロッソの新ドライバーは今後"ジュニア"と呼ばないでほしいと告知した。

そのドライバーとは、今年フォーミュラ・ルノー3.5のタイトルを獲得し、来季のF1昇格が決まったカルロス・サインツJr.だ。イタリアの『Tuttosport(トゥットスポルト)』によると「父と比べられたくない」と語ったという。

彼が言及しているのは世界ラリー選手権で活躍した伝説的ドライバーであり、ダカールラリーの優勝経験もある同名の父カルロス・サインツのこと。

「子供として、カートでレースをしていたときにモータースポーツの世界でちちの名前がいかに重要かってことに気づいた。だから僕は自分の道を歩むために必死にがんばってきたんだ」

「ただのカルロス・サインツって呼ばれたらうれしいな。ラリードライバーなら(ジュニアと呼ばれることも)納得できるだろうけど、でも僕はF1にいるんだから、もうその理由はない」

それでも、F1にステップアップする道のりの中で父のサポートが支えてくれたと明かすサインツはいつの日か世界タイトルを獲得すれば現在52歳の父にとって「最高の喜び」になるだろうと付け加えた。

また、同じスペイン出身で最も有名なF1ドライバーであるフェルナンド・アロンソと親しいことも明かしたサインツは次のように続けている。

「彼はいつもメディアやチームに対して僕のことを良く言ってくれるんだ。彼の僕への対応やサポートに関しては人生すべてをかけて感謝する」

サインツにとって2015年の新たな挑戦は同じく有名な父を持つマックス・フェルスタッペンとの対決だ。フェルスタッペンはすでにトロ・ロッソで作業を始めており、2014年シーズン中も金曜フリー走行に参加するなどしている。

『El Mundo Deportivo(エル・ムンド・デポルティーボ)』に、2月の公式テストが行われるまでに2年落ちのF1マシンをテストすることはできるかと聞かれたサインツは「ないと思うよ」と答えた。

「そういう意味で僕はちょっと不利かもしれない。だから必死にがんばらないとね。でみお。だからといってどうもないと思うよ。だって3月になったらそれまでに何があったかなんて誰も覚えていないだろうから」

「彼の方が僕より多くの距離を走っているし、すでにエンジニアとのチームも持っている。その一方で僕のアドバンテージは彼よりも長く競争の経験があること」

「彼(フェルスタッペン)はとても素晴らしいけれど、僕は初戦に向けて準備万端だし、彼を打ち負かすためにベストを尽くす」

そして最後に、サインツは55のドライバー番号を選択したことを明かした。

「子供の頃から5番をつけて成功してきたんだ。でもこの番号はベッテルが登録している」と説明したサインツは"55"を選んだのは"Carlos(カルロス)"の"S"と"Sainz(サインツ)"の"S"が並んだように見えるからだと語っている。

© ESPN Sports Media Ltd.