Toro Rosso

/ News

シンガポールでノーズ変更の可能性があると報じられたトロ・ロッソ © Sutton Images
拡大

次はトロ・ロッソからノーズについてのニュースが飛び出すかもしれない。

ケータハムがベルギーGPでデビューさせるアップデートパッケージの中に新しいノーズが含まれていることが、これまでに報道された。それに加え、2015年のルール変更の影響で、ロータスの革新的な"牙"状ノーズが来年は消える見込みであることが分かっている。

さらに"ノーズニュース"は続く。

おそらく2014年の"アリクイ"ソリューションの中でも最も忍び笑いを受けた一つが、トロ・ロッソのノーズだろう。しかし、変化の時が訪れたかもしれない。『Speed Week(スピード・ウイーク)』の報道によればトロ・ロッソが"早ければシンガポールで披露される予定の新バージョンに取り組んでいる"というのだ。

その理由は、より整ったレッドブルの2014年マシンのフロント部に似せたノーズ調整によって、改めてクラッシュテストが必要になったためだという。

「フェラーリからルノーへのエンジン変更に続き、これはレッドブルのシニアチームとジュニアチーム間の関係強化の新たな兆候だ」とスピード・ウイーク誌はつづった。

フェラーリもF14 Tの新ノーズに向けた作業を行っていたものの、こちらのプランは放棄されたと同誌は続けている。

© ESPN Sports Media Ltd.