Toro Rosso

/ News

  • トロ・ロッソ

ベルヌに10グリッド降格処分

Jim
2014年5月10日 « 法廷で顔を合わせたエクレストンとグリブコウスキー | ケータハムがスミスを追放との報道 »
© Sutton Images
拡大

トロ・ロッソのジャン-エリック・ベルヌがスペインGPで10グリッド降格ペナルティを受けることが発表された。

金曜フリー走行2回目のセッションで走行中にマシンからホイールが脱落した一件でトロ・ロッソには3万ユーロ(約420万円)の罰金が科せられている。

セッション終了間際にピットからコースに入ったベルヌのトロ・ロッソマシンから右リアタイヤが外れ、ベルヌはすぐにマシンをコース脇に停車させた。今年のFIAはこれらのインシデントを取り締まっており、ベルヌに対して予選結果から10グリッド降格させる処分を下し、トロ・ロッソには罰金刑を科したのだ。

スチュワードの声明には「今回の件は重罪であり、スチュワードは安全要求事項に大きく反しているとの見解を持っている」と書かれている。

「スチュワードはFIA技術代表に対して、2台のトロ・ロッソマシンが引き続き本イベントに参加するにあたり、FIA F1テクニカルレギュレーション第14条7項、および技術指南TD/017-13の整合性が守られていると技術代表自身が納得できるようにしてほしいと要請する」

© ESPN Sports Media Ltd.